両者引き分け!ももクロVSファン壮絶6時間勝負だZ

170

ももいろクローバーZが7月3日に東京・Zepp Tokyoにて、全国ツアー「ももクロ ファンタスティックツアー2011 Zでいくって決めたんだZ!!」の最終公演を行った。

6時間を超えるステージを戦い抜いたももクロちゃん。なお、公式Ustreamチャンネル「momocloTV」ではアーカイブ映像で3部公演の模様を観ることができる。

6時間を超えるステージを戦い抜いたももクロちゃん。なお、公式Ustreamチャンネル「momocloTV」ではアーカイブ映像で3部公演の模様を観ることができる。

大きなサイズで見る(全36件)

写真はZepp Tokyo公演第1部の様子。

写真はZepp Tokyo公演第1部の様子。

大きなサイズで見る(全36件)

写真はZepp Tokyo公演第2部の様子。

写真はZepp Tokyo公演第2部の様子。

大きなサイズで見る(全36件)

百田夏菜子は公演中、東海テレビ「ブログ刑事」出演時に覚えた萌えフレーズ「テヘペロ」を連発(写真はZepp Tokyo公演第2部の様子)。

百田夏菜子は公演中、東海テレビ「ブログ刑事」出演時に覚えた萌えフレーズ「テヘペロ」を連発(写真はZepp Tokyo公演第2部の様子)。

大きなサイズで見る(全36件)

無尽蔵のスタミナを誇る玉井詩織は6時間を笑顔で完走。「ボインはももクロだけのものやないんやでー」など数々の名言を残した(写真はZepp Tokyo公演第2部の様子)。

無尽蔵のスタミナを誇る玉井詩織は6時間を笑顔で完走。「ボインはももクロだけのものやないんやでー」など数々の名言を残した(写真はZepp Tokyo公演第2部の様子)。

大きなサイズで見る(全36件)

メディア各社から届けられた花束。

メディア各社から届けられた花束。

大きなサイズで見る(全36件)

「がっつり2時間」のワンマンライブを3回、各公演の間隔は1時間のみという、ももクロ史上最もハードな1日となった今回のツアーファイナル。過去のライブでも1日複数公演をこなし、このツアーでも各地で2時間×2公演のステージを全力で披露してきた彼女たちだが、ここまでの長丁場はさすがに初めて。運動量の多いアクロバティックなパフォーマンスで知られるももクロだけに、開催前はメンバー自身も不安の表情を隠せずにいた。

伝説の幕開けとなるツアーファイナル第1部は正午にスタート。最初のMCでの「2部や3部のことは忘れて、全力でがんばっていきたいと思います!」という有安杏果の言葉どおり、5人は初っ端からフルスロットルで歌とダンスに挑む。またライブ中盤には、7月27日に発売される1stアルバム「バトル アンド ロマンス」の収録内容や、リリース後に横浜と大阪で行われる購入者限定スペシャルライブ&謎の“ボイン会”に関する情報、そして8月20日に東京・よみうりランドにて開催されるワンマンライブ「サマーダイブ2011 極楽門からこんにちは」のチケット追加発売情報といったうれしいアナウンスも。さらに、アンコールではアルバムに収録されるバラード曲「キミノアト」が初めて披露された。

第1部の観客が会場を出ると、ほどなく第2部が開場。Zepp Tokyo周辺は入れ替わりでやってきたファンと、余韻を楽しむ1部の観客、1部からそのまま2部、3部へと突入する猛者がひしめく大にぎわいだ。15:00を少し回った頃にスタートした第2部では、曲順や選曲を大きく変えつつ、1部と同様アンコール3曲を含む合計21曲が披露された。

また、この第2部のアンコールでは、7月12日に17歳の誕生日を迎えるリーダー百田夏菜子へのサプライズも。ファン有志の協力により、観客全員が百田のイメージカラーである赤いサイリウムを光らせて彼女の登場を待ち構えた。何も知らずに現れた百田は、「これは……いかん! もうやだー」驚きと喜びと照れが入り交じったくしゃくしゃの笑顔を浮かべ、ファンに感謝の思いを伝えた。

ここまで誰ひとり大きな不調を訴えることなく、計4時間・のべ42曲をクリアしたももクロの5人だが、これより先は彼女たちにとって未知の領域。初挑戦となる「がっつり2時間ライブ」第3部は、2009年リリースの1stシングル「ももいろパンチ」で幕を開けた。この日3度目となった自己紹介のコーナーでは、玉井詩織が「私たちが先に倒れるか、お前らが先に倒れるか、今こそ勝負だー!!」と客席を挑発。リーダー百田は「ここまで来たらあとは楽しむしかないと思います。1部も2部も最高だったけど、最後は今日一番のライブにしましょう!」と意気込みを語った。

ランナーズハイに近い状態で歌とダンスを繰り出すももクロのテンションと、全身全霊をかけた声援を送るファンの熱気が、会場に大きなうねりを作り上げていく。終盤には「Chai Maxx」「行くぜっ!怪盗少女」「ココ☆ナツ」とキラーチューンが連発。本編ラストは、1stアルバムへの収録が決定し、ファン待望の音源化が実現したライブ定番曲「オレンジノート」で締めくくられた。

アンコールの声に応えて再び登場したももクロは「お前らの声が私たちの力になる!」「最後まで私たちに付いてこい!」と、「全力少女」「未来へススメ!」「コノウタ」「ツヨクツヨク」の4曲を熱唱。3部通算64曲を歌い上げ、涙あり笑いありのツアーファイナルは終演を迎えた。観客との真剣勝負を終えた百田は「やっぱり、引き分けですねこれは」とドロー宣言。メンバーそれぞれ6時間を完走した喜びを語り、笑顔でステージを後にした。が、終演を告げる場内アナウンスが流れても、観客のアンコールの声は鳴り止まない。

三たびステージに戻ってきた5人は、リーダー百田の「お前らも好きだなー! 最後まで付いてこいよ!!」との声に続き、急遽予定外の楽曲「あの空へ向かって」を披露。全65曲目におよんだ伝説のステージは、さわやかな笑顔とともに大団円を迎えた。

なお、今週末7月9日には、お台場・MEGA WEB トヨタシティショウケースにて無料イベント「お台場の懲りない面々~タダより高いものは無い~」が実施される。彼女たちの全力パフォーマンスを生で観たい人はぜひこの機会に参加しておこう。

ももいろクローバーZ「お台場の懲りない面々~タダより高いものは無い~」

2011年7月9日(土)東京都 MEGA WEB トヨタシティショウケース1F
START 14:00 / END 18:00(予定)
14:00~ ライブ / 15:00~ 握手会
料金:無料
※会場でシングル「Z伝説~終わりなき革命~」「D'の純情」2枚同時購入者に「砂かぶり入場券」もしくは「1F自由観覧券」整理券配布

ももいろクローバーZ サマーダイブ2011 極楽門からこんにちは

2011年8月20日(土)東京都 よみうりランド オープンシアターEAST
OPEN 16:00 / START 17:00
料金:芝生立見 4800円
一般発売:2011年7月30日(土)
先行受付:2011年7月4日(月)10:00~7月11日(月)18:00
※指定席完売

この記事の画像(全36件)

ももいろクローバーZのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 ももいろクローバーZ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。