22/7「11という名の永遠の素数」リリースツアーで見せた第1章の集大成

81

22/7が7月22日に東京・Zepp DiverCity(TOKYO)で初の東名阪ツアー「1stアルバム『11という名の永遠の素数』リリース Tour 2021」のファイナル公演を行った。

22/7「1stアルバム『11という名の永遠の素数』リリース Tour 2021」最終公演の様子。(写真提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)

22/7「1stアルバム『11という名の永遠の素数』リリース Tour 2021」最終公演の様子。(写真提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)

大きなサイズで見る(全9件)

デビューから約4年半、7月14日に満を持して1stアルバム「11という名の永遠の素数」をリリースした22/7。「1stアルバム『11という名の永遠の素数』リリース Tour 2021」はこれを記念して開催されたツアーで、ファイナル公演では昼夜公演ともにチケットがソールドアウトし、有料生配信も実施された。この記事では夜公演の模様をレポートする。

22/7「1stアルバム『11という名の永遠の素数』リリース Tour 2021」最終公演の様子。(写真提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)

22/7「1stアルバム『11という名の永遠の素数』リリース Tour 2021」最終公演の様子。(写真提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)[拡大]

オープニングでは「Overture」によって会場の熱気が高まったのち、「ロマンスの積み木」を歌う9人のシルエットが紗幕に映し出される。そしてその紗幕が扉のように左右へ開くと、ペールグリーンの衣装を身にまとったメンバーの姿が観客の前に現れた。今ツアーは帆風千春の卒業後初のライブということで、フォーメーションや歌割りが大きく変化。「ムズイ」では高辻麗が真に迫るようなセリフを放って観客を楽曲の世界観に引き込み、「韋駄天娘」では白沢かなえが先頭に立ってパフォーマンスを繰り広げた。昼公演とは異なる額を出したヘアスタイルでファンの目を引いた白沢は「今日はナナニジの日! 虹のようにキラキラした笑顔で終われるようがんばります」と微笑み、海乃るりは「お台場ー!」「配信ー!」と自身が演じるキャラクター戸田ジュンのような元気さを見せる。天城サリーは、体調不良によりツアーを欠席した涼花萌が毎公演エールを送ってくれていることを明かし、「“毎日かわいい”萌ちゃんの分まで、かわいさを届けます!」と意気込んだ。

22/7「1stアルバム『11という名の永遠の素数』リリース Tour 2021」最終公演の様子。(写真提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)

22/7「1stアルバム『11という名の永遠の素数』リリース Tour 2021」最終公演の様子。(写真提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)[拡大]

次のブロックでは1stアルバムより、3組のユニットの新曲が披露される。河瀬詩、白沢、宮瀬玲奈による蛍光灯再生計画の楽曲「交換条件」ではこれまで以上にセクシーさに磨きがかかった3人が、エゴとエゴの駆け引きを表現するような目配せを交えながら歌唱。さらに腰や脚を絡め合う“交換条件ポーズ”で観客の視線をステージに釘付けにした。その一方、天城と西條和による気の抜けたサイダーは「好きになるのは自由だし…」を披露し、困り顔で両手の人差し指をつむじに乗せるポーズなどでファンを魅了。気の抜けたサイダーのもう1人のメンバーである涼花に向けて「早く一緒にステージに立とうね!」と呼びかけた。また海乃、倉岡水巴、高辻、武田愛奈の4人からなる晴れた日のベンチはステージを所狭しと駆け回りながら「To goでよろしく!」をパフォーマンスし、キャッチーかつ軽快な振り付けで好きな女の子と2人きりになりたい男の子のもどかしい気持ちを表現した。

22/7「1stアルバム『11という名の永遠の素数』リリース Tour 2021」最終公演の様子。(写真提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)

22/7「1stアルバム『11という名の永遠の素数』リリース Tour 2021」最終公演の様子。(写真提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)[拡大]

22/7「1stアルバム『11という名の永遠の素数』リリース Tour 2021」最終公演の様子。(写真提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)

22/7「1stアルバム『11という名の永遠の素数』リリース Tour 2021」最終公演の様子。(写真提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)[拡大]

その後、22/7はユニークな歌詞が特徴の「タチツテトパワー」を笑顔で、力強くもしなやかな振り付けが印象的な「空を飛んでみよう」をパワフルに歌唱。パンクゴシックをイメージした「雷鳴のDelay」では倉岡の伸びやかで澄んだボーカルが、3rdシングル曲「理解者」では西條と河瀬の信念が伺えるような力強いセリフが響きわたった。さらにライブで披露されることがほとんどない「とんぼの気持ち」では、静と動が入り混じった迫真のパフォーマンスが繰り広げられる。天城と西條のソロダンスやコンテンポラリーな振り付けで“生きることの意味”を問いかけた彼女たちは、そのままの流れで「何もしてあげられない」のパフォーマンスへ。海乃は普段の姿とはギャップがあるクールで高潔な佇まいを見せ、観る者の目を奪った。

終盤のMCでは天城が「4年半、うれしいことも、つらいこともいっぱいあって、全部が全部きれいな思い出だけじゃなかったけど、今日ここでメンバーと、配信を観てくれている萌ちゃんと一緒に楽しく第1章を終えることができるのは、ファンの方々がずっとそばにいてくれたからだと思っています。まだまだ私たちは22/7として皆さんと見たい景色、叶えたい夢がたくさんあるので、この先も応援よろしくお願いします!」と涙をこぼしながら挨拶。続く西條はツアーの始まりに「埋めなきゃいけない場所」と「空けておきたい場所」があると話したことを振り返り、「セリフもソロパートも苦手だったけど、大好きな人のパートを任せてもらえたのだと思って、そこは特にがんばりました。うまくできたかはわからないのですが、見届けてくれてありがとうございました」と感謝の気持ちを言葉にした。

そして「今の22/7にとって必要な曲であり、皆さんに届けなければいけない曲だと思います。大切な人を思いながら歌うので、皆さんも大切な人を思いながら聞いてください」という白沢の言葉を合図に、9人はアルバムのリード曲「ヒヤシンス」を披露する。サビがメンバーそれぞれの個性を感じさせるセリフで構成された前衛的なこの曲は、群像劇のようなパフォーマンスを強みとする22/7がたどり着いた1つの到達点。両手のひらで作ったつぼみが花開く振りが、そのことを象徴していた。

22/7「1stアルバム『11という名の永遠の素数』リリース Tour 2021」最終公演の様子。(写真提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)

22/7「1stアルバム『11という名の永遠の素数』リリース Tour 2021」最終公演の様子。(写真提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)[拡大]

アンコールではメンバーがツアーTシャツに着替え、手首に過去の衣装をモチーフにしたラバーバンドを巻いて再登場。「風は吹いてるか?」でライブを再開し、客席から沸き起こる熱いクラップとともに会場に一体感を生み出した。さらに9人はラストナンバーの「未来があるから」を真っ直ぐなまなざしで歌い、鳴り止まない拍手の中で深々とお辞儀。万感の表情で会場中を見渡した。終演後にはファンクラブ会員限定パートが配信され、2時間半にわたり歌って踊ったメンバーはさらにもう1曲歌唱。昼公演では本編でパフォーマンスされていなかった唯一のシングル表題曲「僕が持ってるものなら」が披露されたが、夜公演ではこれからの22/7を指し示す1曲「空のエメラルド」がツアーを締めくくるナンバーに選ばれた。

Stagecrowdとローチケでは7月29日21:00まで本公演の視聴チケットを販売中。

この記事の画像(全9件)

22/7「1stアルバム『11という名の永遠の素数』リリース Tour 2021」2021年7月22日 Zepp DiverCity(TOKYO) セットリスト

01. ロマンスの積み木
02. ムズイ
03. シャンプーの匂いがした
04. 韋駄天娘
05. Rain of lies
06. 交換条件 / 蛍光灯再生計画(白沢かなえ、河瀬詩、宮瀬玲奈)
07. 好きになるのは自由だし… / 気の抜けたサイダー(西條和、天城サリー)
08. 循環バス
09. To goでよろしく! / 晴れた日のベンチ(海乃るり、倉岡水巴、高辻麗、武田愛奈)
10. タチツテトパワー
11. 空を飛んでみよう
12. ポニーテールは振り向かせない
13. 雷鳴のDelay
14. 理解者
15. 僕らの環境
16. とんぼの気持ち
17. 何もしてあげられない
18. ヒヤシンス
<アンコール>
19. 風は吹いてるか?
20. 未来があるから
<FC限定配信>
21. 空のエメラルド

全文を表示

22/7のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 22/7 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。