瑛人、映画「トムとジェリー」日本語吹替版の主題歌オファーに「やりたーい!」と新曲書き下ろし

165

3月19日に全国の劇場で公開される映画「トムとジェリー」の日本語吹替版主題歌アーティストに、瑛人が決定したことが発表された。

左からトム、瑛人、ジェリー。

左からトム、瑛人、ジェリー。

大きなサイズで見る(全2件)

映画「トムとジェリー」キービジュアル

映画「トムとジェリー」キービジュアル[拡大]

今作は、誕生80周年を迎えるアニメーションシリーズ「トムとジェリー」の映画化作品。多才だがお調子者でドジな猫トムと、見た目はかわいいがずる賢いネズミのジェリーの“追いかけっこ”を、実写とCGアニメーションで描く。瑛人にケンカばかりだけど実はお互い大切に思っている“トムとジェリーのような友人”がいることをテレビで知った映画関係者が今回の主題歌のオファーをし、瑛人は「ピース オブ ケーク」という新曲を書き下ろした。

瑛人は日本版オリジナルポスターに使われている、トムとジェリーの関係性を象徴するキャッチコピー「大嫌いだけど、好き」を思い浮かべながら楽曲制作を行ったという。彼が映画の主題歌を担当するのは、これが初めて。今回のオファーについて瑛人は「誰もが知っている、もちろん僕も知っている『トムとジェリー』の日本語吹替版の主題歌を担当できるなんてうれしくて、やりたーい!という気持ちになりました。映画館で僕の歌が流れるなんて信じられないです」とコメント。「いつもケンカしてるけどすぐ仲直りする、まさにトムとジェリーみないな関係の親友がいます」と自身の友人関係についても明かしつつ「誕生80周年、というのは8(エイト)が入っていて縁を感じました(笑)」と思いを語っている。

瑛人 コメント

オファーをいただいた時はびっくりしました。誰もが知っている、もちろん僕も知っている『トムとジェリー』の日本語吹替版の主題歌を担当できるなんてうれしくて、やりたーい!という気持ちになりました。映画館で僕の歌が流れるなんて信じられないです。
いつもケンカしてるけどすぐ仲直りする、まさにトムとジェリーみないな関係の親友がいます。そういう関係っていいですよね。
ちなみに、そいつによくいたずらを仕掛けているので僕がジェリーですね。
しかも誕生80周年、というのは8(エイト)が入っていて縁を感じました(笑)。

この記事の画像(全2件)

瑛人のほかの記事

リンク

(c)2020 Warner Bros. All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 瑛人 / トムとジェリー の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。