京都在住のSSWいちやなぎが新曲配信、エンジニアはホムカミやDENIMS手がける荻野真也

76

いちやなぎが本日1月13日に新曲「magic hour」を配信リリースした。

いちやなぎ

いちやなぎ

大きなサイズで見る(全2件)

いちやなぎ「magic hour」配信ジャケット

いちやなぎ「magic hour」配信ジャケット[拡大]

弾き語りを中心にバンド編成でも活動を行う京都在住のシンガーソングライター・いちやなぎ。「magic hour」は彼のリリース作品では初となるバンドサウンドの楽曲で、なめらかな歌声とにぎやかなサウンドを通して“誰しもが浮き足立つ帰宅時間“が描かれている。また本作では、HomecomingsDENIMSなどの楽曲を手がける荻野真也がレコーディングエンジニアを、サイキナオがジャケットのイラストを担当した。

併せて、既発作品「naked.」の配信もスタート。こちらはギターの弾き語りを中心とした5曲で構成されており、うち2曲にはゲストとして二胡奏者の吉田悠樹(NRQ)が参加している。

この記事の画像(全2件)

いちやなぎ コメント

1日の役目を終えてすっきりとした気分で町を歩く。
太陽は眠たそうに目をこすり、夜はすぐそこで肩慣らしをしている。通り過ぎていく風景はキラキラと輝いていて、からっ風がスキップを誘う

あなたを待っているのは、だれなんだろう。なんだろう。

今はまだ明日のことは考えなくていい

今日が終わった喜びを胸いっぱいに

全文を表示

NRQのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 NRQ / Homecomings / DENIMS の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。