浦島坂田船、新作「RAINBOW」の魅力を余すことなく伝えた初配信ライブ

31246

浦島坂田船が12月26、27日に無観客配信ライブ「浦島坂田船!Live&Live」を開催。本稿では初日に行われた「浦島坂田船!Live&Live~RAINBOW~」をお届けする。

浦島坂田船

浦島坂田船

大きなサイズで見る(全15件)

左からうらたぬき、となりの坂田。。

左からうらたぬき、となりの坂田。。[拡大]

「浦島坂田船!Live&Live」は浦島坂田船が初めて行う無観客の配信ライブ。初日公演は11月発売の最新アルバム「RAINBOW」の購入者限定ライブとして行われ、アルバム収録曲を中心にしたセットリストで楽曲が届けられた。

左から志麻、うらたぬき。

左から志麻、うらたぬき。[拡大]

配信が始まり、ステージ下からせり上がるように登場した4人は、新曲「YELLOW FINEST」でライブの口火を切る。さらにクールな表情とともに届けられた「青く塗り替えろ!」、ステージ上を駆け回りながらポップな振り付けで魅せる「最強 Drive!!」など、4人は最新アルバム「RAINBOW」収録の“色”をテーマにした楽曲を次々と披露していく。「赤」をテーマにした「レッドホットクレイジーナイト」では赤いレーザービームが飛び交う中、となりの坂田が情熱的なシャウトで視聴者を魅了した。つんく♂の提供曲「ココ マドモアゼル」がかかるとステージはオレンジの照明で照らされ、4人は身振り手振りを交えながら丁寧にこの曲を歌い上げた。

左からセンラ、志麻。

左からセンラ、志麻。[拡大]

ソロコーナーのトップバッターを務めたのは「GET UP」を歌唱したうらたぬき。バックダンサーと動きを合わせたダンスを踊りながら前向きなメッセージをファンに届けた。志麻は和のテイストあふれるロックナンバー「紫雲の翼」を熱く歌い上げて視聴者を圧倒。となりの坂田。はバックダンサーを従え、自身のソロ曲「迷図」を堂々と歌い上げた。センラはファルセットを織り交ぜながら「Sweet Magic」を艶やかに歌唱してみせ、彼らは“四者四様”のパフォーマンスでファンを喜ばせた。

「お前らの魂、この会場に届けてくれ!」といううらたぬきの呼びかけを合図に始まったのは「VS」。この曲ではうらたぬきととなりの坂田。による「うらさか」の2人が肩を並べ、無観客の会場にもかかわらずオーディエンスを煽りまくってみせた。これに対し、志麻とセンラの「志麻セン」コンビは肩を組み、ハイタッチを交えながら「ファイティンサマーカーニバル」を披露した。ライブ中盤には浦島坂田船の単独公演で恒例となっている企画映像が上映された。今回の企画は“風に負けない”浦島坂田船ハウスを作るというもので、4人は巨大扇風機に飛ばされない家を段ボールで自作。スタッフの手を借りながら完成させた家は屋根こそ吹っ飛んだものの風速40m/sの強風に耐え、見事にミッションクリアとなった。

浦島坂田船

浦島坂田船[拡大]

ライブ後半はアルバム「RAINBOW」の収録曲のみならず、「ポーカーフェイク」「Peacock Epoch」といった浦島坂田船の人気曲を織り交ぜながら、スリリングな恋の駆け引きを歌う楽曲が立て続けに披露された。セクシーな歌詞と振り付けで視聴者を誘惑した「ホエールホール」が終わるとMCへ。うらたぬきは「ホエールホール」での腰を振るダンスを「寝そべり腰付き運動」と表現し、新曲の振り付けをアピールした。4人は新型コロナウイルスの影響で春ツアーが中止になってしまったことに触れ、春ツアーのために作られた楽曲「花や、花」をパフォーマンス。さらに浦島坂田船の代表曲「Shouter」を届けると、メンバーは「みんなの『Yeah!』の声が聞こえた気がした」と、画面の向こう側でライブを見守っているファンの姿に思いを馳せた。ライブの最後に披露された楽曲は最新アルバムの表題曲である「RAINBOW」。7色の照明がステージをきらびやかに照らす中、4人は虹を形作るように手をゆっくりと振りながら声を合わせ、心地よいハーモニーを響かせた。

この記事の画像(全15件)

浦島坂田船「浦島坂田船!Live&Live~RAINBOW~」2020年12月26日 セットリスト

01. YELLOW FINEST
02. 青く塗り替えろ!
03. 最強 Drive!!
04. レッドホットクレイジーナイト
05. ココ マドモアゼル
06. GET UP / うらたぬき
07. 紫雲の翼 / 志麻
08. 迷図 / となりの坂田。
09. Sweet Magic / センラ
10. VS / うらたぬき、となりの坂田。
11. ファイティンサマーカーニバル / 志麻、センラ
12. ポーカーフェイク
13. 微笑、香り、君と僕を繋ぐ
14. Peacock Epoch
15. ホエールホール
16. 花や、花
17. Shouter
18. RAINBOW

※「Shouter」の「e」はウムラウト付きが正式表記。

全文を表示

関連記事

浦島坂田船のほかの記事

リンク

(撮影:小松陽祐[ODD JOB]、岡本麻衣)

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 浦島坂田船 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。