Awichが男たち従え圧倒的パフォーマンス、最後は愛娘とダンス

112

Awichが8月25日に無料配信ライブ「Partition Live」を行った。

Awich「Partition Live」出演者

Awich「Partition Live」出演者

大きなサイズで見る(全24件)

Awich

Awich[拡大]

Awich

Awich[拡大]

孔雀

Awich「孔雀」
Amazon.co.jp

Partition

Awich「Partition」
Amazon.co.jp

14歳の頃にアーティスト活動を開始したAwichは、高校卒業後に留学したアメリカ・アトランタで結婚・出産するも、帰国直前に夫を銃殺されるという壮絶な過去を持つ沖縄出身のラッパー / シンガー。2017年のYENTOWN加入と同時に本格的にアーティスト活動を再開し、ヒップホップシーンで確固たる地位を築いた彼女は、今年1月に発売した3作目のアルバム「孔雀」でも高い評価を集め、7月にはユニバーサル ミュージックからメジャーデビューすることを発表した。メジャーデビュー後初となる今回のライブでは、Awichがバンドメンバーの丈青(Piano)、秋田ゴールドマン(B)、みどりん(Dr)、社長(Manipulator)、吉田サトシ(G)や客演のラッパーと共に約1時間のパフォーマンスを展開。8月21日にリリースされたメジャー作品「Partition」や「孔雀」の収録曲を中心とするセットリストでその力を存分に見せつけた。

AwichとMARZY。

AwichとMARZY。[拡大]

Awich「Partition Live」の様子。

Awich「Partition Live」の様子。[拡大]

開場時刻の20:00が近付くと、配信画面には床を這う何かの視点で暗い女子トイレが映し出される。不気味な映像でコメント欄がざわつく中、個室トイレの中から現れたAwichは「まさか女が来るとは」という歌い出しが印象的なメジャーデビュー曲「Shook Shook」でライブを開始。カメラに肉薄する距離でパフォーマンスを繰り広げつつ女子トイレを出ると、会場が東京・WWWであることが明らかになる。Awichが「洗脳」を毒々しくラップしながらバーカウンターから地下スペースに降り、合流したDOGMAが中指を立てながら威圧的にラップしたあと、カメラだけが会場を移動してステージへ。そこに設置されたテレビに映し出される形で登場した鎮座DOPENESSは不穏なビートに乗せて怪しいパフォーマンスを見せ、最後は合掌して姿を消した。「バカばっかだ全く」というAwichの言葉と共に「洗脳」が終わると、ステージのテレビを捉えていたカメラは反対側に向きを変え、段差状のフロアの真ん中に腰かけるAwichとそれを取り囲むバンドメンバーを映し出す。マイクスタンドの前に立ったAwichはバンドメンバーが奏でる繊細な音色に乗せて、コロナ禍や人種差別抗議運動「Black Lives Matter」で混沌とする世界への思いを込めた楽曲「Awake」を歌唱。バンドの演奏に合わせて徐々にパフォーマンスの勢いを強め、表情豊かな歌声を会場に響かせた。

左からMonyHorse、JNKMN、PETZ、Awich。

左からMonyHorse、JNKMN、PETZ、Awich。[拡大]

JP THE WAVYとAwich。

JP THE WAVYとAwich。[拡大]

画面越しの視聴者に挨拶したAwichは、沖縄をイメージしたセットのステージでくつろぐMARZYを紹介。MARZYは唯一の観客としてライブに参加しつつ、MC中に視聴者のコメントを読む役割を担った。「いっぱい友達も連れてきてるから楽しんでね」と語ったAwichが「WHOUARE」でライブを再開すると、YENTOWNの仲間であるJNKMNPETZ、MonyHorseが後方から次々と現れてマイクリレー。青森のねぶたを題材とする「NEBUTA」では同じくYENTOWNのkZmがAwichと共にエネルギッシュなパフォーマンスを繰り広げ、続く「Bloodshot」ではJP THE WAVYが軽快に踊りながらラップしてライブを盛り上げた。ゲスト退場後、Awichはドラマーのみどりんと2人だけで「Open It Up」をパフォーマンス。緊迫感あふれる空気の中、畳みかけるようなラップで視聴者を圧倒した。

Awich

Awich[拡大]

社長(Manipulator)とAwich。

社長(Manipulator)とAwich。[拡大]

「最高だろ、今の?」とごきげんな様子のAwichは、「みんな画面の向こうでも関係ないよ、手挙げていこうぜ」と視聴者に語りかけながら、EGO-WRAPPIN「色彩のブルース」をサンプリングした「紙飛行機」を情熱的に歌唱。フロアの2段目に腰かけ「次に歌おうと思っている曲は私にとってとても大事な人を失ったときの話です。その人が亡くなったときに私と娘は海に散骨しに行きました。それが彼の願いだったから」と語ると「Ashes」を歌い、スクリーンには夫の生前の映像や2人で暮らすAwichと娘の映像で構成されたミュージックビデオが映し出された。自分が幸せになることこそが最大のリベンジであるという思いを込めた楽曲「Revenge」で「許せばいい。それだけ。」と歌ったAwichは、「画面の向こうでも一緒に歌ってほしい」と視聴者に語りかけ、ライブでは観客の合唱が恒例となっていた「First Light」を披露した。

左からkZm、BIM、Awich。

左からkZm、BIM、Awich。[拡大]

Awich「Partition Live」の様子。

Awich「Partition Live」の様子。[拡大]

ライブ終盤、MARZYと共にステージのセットに移動してビーチチェアに座ったAwichが「私はフィーチャリングされていないんですけど、個人的に好きだし、みんなも絶対に聴きたい曲をプレゼントしたい」と語ると、ドラムカウントからkZmとBIMが「Dream Chaser」のパフォーマンスを開始。コメント欄が一気に湧き上がる中、AwichもkZmとBIMが歌うフロアに飛び込んだ。さらに「お前誰?」と連呼する「WHORU?」でタフなラップを繰り出したAwichは、ライブを体感したいというMARZYをフロアに迎えて「Love Me Up」を歌い上げると、最後は“新しい恋の始まり”を歌った新曲「Bad Bad」を披露し、画面越しの視聴者に向けて投げキッス。ライブ後の配信画面にはAwichと娘が楽しそうに踊るスタッフロールが映し出された。

なお本公演の模様は9月5日(土)にAwichのYoutube公式チャンネルで再公開されることが決定した。

この記事の画像(全24件)

Awich「Partition Live」
2020年8月25日 WWW セットリスト

01. Shook Shook
02. 洗脳 feat. DOGMA、鎮座DOPENESS
03. Awake
04. WHOUARE feat. MONYPETZJNKMN
05. NEBUTA feat. kZm
06. Bloodshot feat. JP THE WAVY
07. Open It Up
08. 紙飛行機
09. Ashes
10. Revenge
11. First Light
12. Dream Chaser feat. BIM、kZm
13. WHORU?
14. Love Me Up
15. Bad Bad

全文を表示

Awichのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 Awich / SOIL&"PIMP"SESSIONS / 鎮座DOPENESS / JNKMN / PETZ / kZm / JP THE WAVY / BIM の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。