「喜劇俳優の本領発揮」香取慎吾が予想もできないドジ連発する新映像

908

香取慎吾が主演し、三谷幸喜が脚本と演出を手掛けるAmazon Prime Videoの新しいドラマシリーズ「誰かが、見ている」のティザーがYouTubeで公開された。

香取慎吾演じる舎人真一。

香取慎吾演じる舎人真一。

大きなサイズで見る(全2件)

「誰かが、見ている」は、何をやっても失敗ばかりで予想もしない失敗を繰り返す主人公の舎人真一と、書斎の壁に偶然発見した穴から真一の生活をのぞき見することをひそかな楽しみとしている隣人の粕谷次郎を中心に巻き起こるドタバタを描くシチュエーションコメディ。次郎役は佐藤二朗が演じる。

今回のティザーでは、真一が予想もできないドジを繰り返す姿が初公開された。映像にはそんな姿をのぞき見する次郎と、山本千尋演じる次郎の娘・あかねの姿も。香取が演じる真一について三谷は「舎人真一君は、ただ生きているだけで面白い。そういうキャラにしたかったのですが、そんな役を演じられる俳優は日本に一体何人いるんだろうと思います。喜劇俳優・香取慎吾の本領発揮です」とコメント。香取は「三谷さんの作品だと周りに振り回される役が多かったのですが、今回は舎人がトラブルメーカーみたいな役だったので僕にとっても挑戦でした」と語っている。

なお「誰かが、見ている」は9月18日(金)に配信がスタートすることも発表された。

この記事の画像・動画(全2件)

関連記事

香取慎吾のほかの記事

リンク