日本全国のライブハウスをつなぐオンラインサーキットフェス「NIPPON CALLING」開催決定

466

日本全国のライブハウスをつなぐオンラインサーキットフェス「NIPPON CALLING 2020」が9月に開催される。

「NIPPON CALLING 2020」告知画像

「NIPPON CALLING 2020」告知画像

大きなサイズで見る

「NIPPON CALLING 2020」は、2016年より毎年東京の下北沢、新宿、渋谷で行われてきたサーキットフェス「TOKYO CALLING」が今年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で通常開催ができなくなったことを受けて企画された新たなイベント。開催日程や配信方法などの詳細は追ってアナウンスされる。イベントの開催決定に伴い、オフィシャルサイトでは出演権を懸けたオーディションのエントリーを受付中。イベントのメインビジュアルにはモデルのやねが登場している。

また6月30日(火)よりテレビ東京で毎週火曜日から金曜日の深夜に、「NIPPON CALLING 2020」と連動したテレビ番組「ミュージックブレイク~NIPPON CALLING TV~」の放送がスタートする。番組にはイベントの出演者を中心に、さまざまなアーティストが登場する。

「TOKYO CALLING」のYouTube公式チャンネルでは、2018年と2019年に行われたイベントより一部出演アーティストのライブ映像が期間限定で公開されている。

「NIPPON CALLING」制作委員会 コメント

今年のTOKYO CALLINGはNIPPON CALLINGとして開催します!

TOKYO CALLINGは2016年の初開催以来、日本最大級のサーキットフェスとして東京の下北沢、新宿、渋谷の3地区で数多くのライブハウス、アーティストと一緒に歩んで来ました。
本来であれば今年も3月に開催発表を行い、出演者の発表を進めているはずでした。

しかしながら、COVID-19の感染拡大によって各地のフェス・イベントの自粛や中止が続き、TOKYO CALLINGの開催発表をすることができずに3ヶ月が経過してしまいました。

この3ヶ月の間、開催について様々な事を考えました。
開催できる可能性は低くても開催発表だけはするべきなのか、それとも潔く中止の発表をするべきなのか…。
そもそもTOKYO CALLINGを始めたきっかけは、全てのライブハウスアーティストとオーディエンスのためでした。
考え抜いた結果、そのTOKYO CALLINGが今するべきことは、今しかできない新しいサーキットフェスを開催することなのではないかと思い至りました。

そこで今年のTOKYO CALLINGは、下北沢・新宿・渋谷の東京のみならず、大阪・名古屋・福岡・札幌をはじめ、日本全国のライブハウスを使ったオンラインサーキットフェス「NIPPON CALLING 2020」として開催することを決断しました。

開催予定の9月がどのような状況になっているのかはわからないです。最悪の事態が起きれば中止になる可能性もあります。
それでも、少なくとも無観客の配信ライブであれば、対策を練る事によって実施できるものと信じています。

まだまだこの先いろいろなことを決めなければなりません。
会場をどこにするのか、出演者をどうするのか、日程をどうするのかなど、考えなければならないことは沢山あります。

具体的な詳細を現時点ではまだ発表できないのですが、NIPPON CALLINGは全てのライブバンドのために、全てのライブハウスのために、全てのオーディエンスのために、そして全てのスタッフのために先へ進むための一歩を歩み出すことができればと思います。

そして、6/30からテレビ東京で「ミュージックブレイク~NIPPON CALLING TV~」の放送をスタートします。
番組は火曜日から金曜日までの深夜で放送予定ですが、毎日NIPPON CALLINGの出演アーティストの紹介をする予定です。

また、本日よりNIPPON CALLINGへの出演を賭けたオーディションのエントリーもスタートします。
全国のライブハウスで開催予定ですので、全国のライブバンドの皆さんからのエントリーを応募を心よりお待ちしています。

5年目を迎えたTOKYO CALLINGは今年はNIPPON CALLINGとして記念すべきスタートをする事になりました。
オンラインでしかできないこと、オンラインだからこそ出来ることをやってみたいと思います。
そしてオフラインのサーキットフェスとしてTOKYO CALLINGが開催できることとなった時には、今までよりもっと素晴らしいイベントが開催できることを願っています。

「NIPPON CALLINGは、
全てのライブバンドのために、
全てのライブハウスのために、
全てのオーディエンスのために、
最高のオンラインサーキットフェスティバルを開催することをここに宣言します。」

関連記事

リンク