三上ちさこ、デビュー20周年イヤーにアルバムとシングル発売

30

fra-foaのデビューから今年で20周年を迎えた三上ちさこが、アルバム「Emergence」を10月7日、先行両A面シングル「Red Burn / TRAJECTORY- キセキ-」を8月19日、さらにデジタルシングルとして「Red Burn」を7月15日にリリースする。

三上ちさこ

三上ちさこ

大きなサイズで見る(全3件)

三上ちさこ

三上ちさこ[拡大]

三上ちさこ「Red Burn」配信ジャケット

三上ちさこ「Red Burn」配信ジャケット[拡大]

「Red Burn」はプロ野球独立リーグに所属する福島レッドホープスの公式応援歌。福島レッドホープスは元メジャーリーガーの岩村明憲が監督を務める団体で、岩村と三上は三上の楽曲「TRAJECTORY-キセキ-」がエンディングテーマとして起用されているNHK BS1のスポーツ番組「ワースポ×MLB」をきっかけに知り合った。山形出身で大学時代は宮城・仙台に住んでいた三上は東北への思いが人一倍強く、東北の子供たちの希望になるべく奮闘する監督・岩村明憲の言葉に共鳴し「Red Burn」を制作。楽曲を聴いた岩村は「すごく大地からパワーをもらえるような曲、歌詞からの力強さを感じました!」とコメントしている。

8月19日発売の両A面シングルは、初回限定盤と通常盤の2形態。初回盤には三上が昨年末に行った大阪・Shangri-Laでのライブのダイジェスト映像を収めたDVDが付属する。

10月7日発売のアルバム「Emergence」のタイトルは、「自分を応援鼓舞し、大切な誰かの為に創造して羽ばたいていきたい」という思いを込めて付けられた。こちらには昨年からリリースされた楽曲を含む全13曲が収録される。

この記事の画像(全3件)

三上ちさこのほかの記事

リンク