曽我部恵一、新曲「Sometime In Tokyo City」を配信リリース

286

曽我部恵一が新曲「Sometime In Tokyo City」を本日5月7日24:00に配信リリースする。

曽我部恵一

曽我部恵一

大きなサイズで見る

「Sometime In Tokyo City」は、曽我部が一晩で作り、ベッドルームで録音した15分におよぶフォークロックナンバー。タイトルは1972年に発表されたジョン・レノンとオノ・ヨーコの共作アルバム「Sometime in New York City」に倣って付けられた。

3月にサニーデイ・サービスとしてニューアルバム「いいね!」を配信リリースするも、新型コロナウイルスの影響によりツアーは延期され、運営するレーベルやショップも苦境に立たされることとなった曽我部。そんな中彼は、東京・下北沢にカレー店・八月を、直後に同じビルに中古レコード店・PINK MOON RECORDSをオープンさせた。今作には自ら店頭に立つ曽我部が、アーティストから“ひとりの生活者”へのシフトチェンジを経て得たものと失ったものが反映されている。

曽我部恵一のほかの記事

リンク

関連商品