ドリンクチケットの前払いでライブハウスを応援、「SAVE THE LIVEHOUSE」始動

4489

ドリンクチケットを前払いしてライブハウスを支援するプロジェクト・SAVE THE LIVEHOUSEが立ち上げられた。

新型コロナウイルスの影響によって通常営業が困難になり、経済的な打撃を受けている全国のライブハウス。SAVE THE LIVEHOUSEはユーザーが次回以降来場時用のドリンクチケットを事前に購入することで、ライブハウスを直接的に支援することを目指す。

ドリンクチケットの使用開始予定日は6月1日。1律600円で、有効期限は1年間となる。使用の際はユーザーがサービス画面からライブハウス名と購入ドリンク数を選択。クレジットカードで支払いを済ませるとマイページにドリンクチケットが保管され、ライブハウスに支払いが行われる。ドリンクチケット使用の際は、マイページをバーカウンターのスタッフに見せ、スタッフが「つかう」ボタンをタップすることで処理が完了する。

発起人にはMASH BROWNの小田翔武、Engineerの森下晨弘、水玉リリーの松尾直哉、blissCreativeの須田亘輝、ライブキッズあるある中の人の三木要が名を連ねており、連名で発表された声明文には「助ける余力のある人は手を差し出してください。助けが必要な人は手をあげてください。このプロジェクトが少しでも誰かの助けになれば嬉しいです」と思いがつづられている。

リンク