音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

岡崎体育、ドラマ「僕はどこから」で中島裕翔&間宮祥太朗を追い詰める

840

「僕はどこから」のワンシーン。 (c)テレビ東京

「僕はどこから」のワンシーン。 (c)テレビ東京

岡崎体育が本日1月8日(水)放送開始のテレビ東京系ドラマ「僕はどこから」に出演する。

中島裕翔(Hey! Say! JUMP)が主演を務める「僕はどこから」は市川マサによる同名マンガを原作とした作品。文章を書き写すことで他人の思考をコピーできる小説家志望の主人公・竹内薫の物語が描かれる。岡崎体育はこの作品で講談会系東宮寺組会長の子飼いである山田龍一の弟分・駿役を務め、主人公の薫と間宮祥太朗演じる藤原智美のバディを追い詰める。岡崎体育はクレイジーな男・駿を演じるにあたって「自分の中に潜在していたエキセントリックさを表現することができたと思います。駿を演じることができて良かセントリックでした」とコメントしている。

岡崎体育 コメント

駿を演じるのはとても難しかったのですが、せっかく頂いた役なのでこれはどうにかセントリックと思って、自分の中に潜在していたエキセントリックさを表現することができたと思います。駿を演じることができて良かセントリックでした。
中島裕翔さんは、顔が小さくて足が長くてハンサムで笑顔がキュートで、もうジャニーズに入ればいいのにと思いました!
僕も中島裕翔さんと同じくらいハンサムなので、みなさんがドラマを観ている途中で僕と中島さんを見間違えてしまわないか心配です!

テレビ東京ドラマ室 戸石紀子プロデューサー コメント

「僕はどこから」の駿は異質なキャラクターとして、そして後半になるにつれ、とても重要な役です。駿の激しさが、ドラマが展開していく上で欠かせないエッセンスとなり、ドラマにより一層魅力的なスパイスを加えてゆきます。
すでに漫画で視覚的に表現されているだけに、ぴったりなキャストを配役するのは至難の技ですが、この異質さをとことん演じられるキャストをイメージした時に、独自の世界観を表現し続ける岡崎さんしかいない!と思い出演をお願いしたところ快諾していただけました。何より、私が芝居をする岡崎さんをずっと見たかった、というのもありますが(笑)。
ドラマでは“薫&智美” vs “山田&駿”という2種類のバディが登場しますが、“中島裕翔さん×間宮祥太朗さん”のイケメンバディに負けないぐらいのインパクトが“岡崎体育さん×高橋努さん”にもあります! 撮影中の岡崎さんは話し方や仕草が完全に“駿”で、これでもかというほどの異質さを発揮していただき、圧倒的な存在感を残していただきました。
俳優・岡崎体育さんの最強な“駿”を是非ご堪能ください。

テレビ東京系「僕はどこから」

2020年1月8日(水)24:12~24:52
<出演者>
中島裕翔(Hey! Say! JUMP) / 間宮祥太朗 / 上白石萌歌 / 音尾琢真 / 高橋努 / 岡崎体育 / 神保悟志 / 仙道敦子
第1話カメオ出演:羽田圭介

音楽ナタリーをフォロー