THE YELLOW MONKEY「特別な場所」La.mamaワンマンでドームツアー発表

3494

THE YELLOW MONKEYが昨日8月6日に東京・渋谷La.mamaにて“プライベートギグ”を行った。

THE YELLOW MONKEY(撮影:横山マサト)

THE YELLOW MONKEY(撮影:横山マサト)

大きなサイズで見る(全7件)

1989年12月28日に、La.mamaで現メンバー4人での初ライブを開催したTHE YELLOW MONKEY。今回のライブは30周年にちなみチケット料金30円、30分という公演時間で行われた。公演当日の昼より販売されたチケットを、LINEチケット史上最多という約67万件のアクセスを突破して手にしたファンがLa.mamaに集結した。またライブの模様はTHE YELLOW MONKEYのYouTube公式チャンネルでも生配信され、最大同時視聴者数は約4万人に達した。

会場内のスクリーンでは7月7日に開催した全国アリーナツアー「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019 -GRATEFUL SPOONFUL-」埼玉・さいたまスーパーアリーナ公演の終演後から始まったカウントダウンの続きが表示され、集まったファンの期待を煽った。20秒前からはファンのカウントの声がフロアに響き、ゼロを迎えると大歓声が起こる。スクリーンに結成時以降のライブ映像が次々と映し出される中、メンバー4人はステージへ登場。場内のテンションをさらに高めた。

ライブ映像に続いて映し出されたのは結成30周年記念日の12月28日からドームツアーを開催するという告知。吉井和哉(Vo, G)はスクリーンを指差し、ファンの喜びを盛り上げた。そのまま4人が奏でたのはメジャー1stアルバム「THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE (夜行性のかたつむり達とプラスチックのブギー)」の収録曲「Subjective Late Show」。結成当初を思わせるレアな選曲にファンは狂喜した。続いて初ライブでも披露された「Chelsea Girl」が始まると超満員のオーディエンスが一斉に腕を上げ、吉井は「怪我しないようにね!」とフロアに呼びかけていた。

THE YELLOW MONKEY(撮影:横山マサト)

THE YELLOW MONKEY(撮影:横山マサト)[拡大]

THE YELLOW MONKEYがLa.mamaでライブを行うのは、2017年公開のドキュメンタリー映画「オトトキ」の撮影時の無観客ライブ以来。吉井はそのときを振り返り「非常に寂しくて(笑)。近いうちにお客さんを入れてやりたいねと話していたんですが、こんなに早く、しかもドームツアーの発表と共にできるとは!」と語り、大きな拍手を浴びていた。

「LOVERS ON BACKSTREET」では菊地英昭(G)と廣瀬洋一(B)が30年前を思い出したかのように笑顔を見合わせながら、力強いサウンドを奏でる。続く「SLEEPLESS IMAGINATION」では4人が放つグルーヴに合わせ、フロアが大きく揺れた。菊地英二(Dr)のパワフルなスネアから始まったのは「Romantist Taste」。吉井の煽りに応えてオーディエンスも大きく腕を振り、会場内の一体感を高めた。

La.mamaのすさまじい熱気に菊地英昭は思わず「あっつい……」とこぼし、吉井も「想像以上に暑いね!(笑)」と苦笑いして場内を和ませた。その後吉井はメンバーを改めて紹介する。ステージ後方のLa.mamaのロゴの前に座る菊地英二の姿を自身にとっての“安心感”と語り、菊地英昭は30年前と同じ機材でステージに立っていることを明かしてファンを驚かせる。吉井から「僕の兄貴です」と紹介された廣瀬は「La.mamaの真ん中にはこの男でしょ!」と吉井を指して観客を喜ばせた。

吉井は「またちょくちょく(La.mamaで)やりたいね。もちろんドームにも来てくださいよ!」とフロアに呼びかけ、ラストナンバーを「名残惜しいですけど、ここの曲を」と紹介。最後に披露されたのは「WELCOME TO MY DOGHOUSE」。4人は荒々しい演奏でフロアの熱気をピークまで高め、笑顔でステージを去っていった。

結成30周年記念のドームツアー「THE YELLOW MONKEY 30th Anniversary DOME TOUR」は愛知・ナゴヤドーム、大阪・京セラドーム大阪、東京・東京ドーム2DAYSの合計4公演を開催。公式ファンクラブ「BELIEVER.」では9月2日までチケットの最速抽選予約を受け付けている。

この記事の画像(全7件)

THE YELLOW MONKEY プライベートギグ 2019年8月6日 渋谷La.mama セットリスト

01. Subjective Late Show
02. Chelsea Girl
03. LOVERS ON BACKSTREET
04. SLEEPLESS IMAGINATION
05. Romantist Taste
06. WELCOME TO MY DOGHOUSE

全文を表示

関連記事

THE YELLOW MONKEYのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 THE YELLOW MONKEY の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。