音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「きみと、波にのれたら」舞台挨拶、“画伯”片寄涼太がこの夏挑戦したいことは

283

「きみと、波にのれたら」初日舞台挨拶の様子。

「きみと、波にのれたら」初日舞台挨拶の様子。

本日6月21日に東京・TOHOシネマズ 日比谷で行われた「きみと、波にのれたら」初日舞台挨拶に、片寄涼太GENERATIONS from EXILE TRIBE)が登壇した。

「きみと、波にのれたら」は海の事故で命を落としてしまう消防士・雛罌粟港(ひなげしみなと)と、サーフィン好きの大学生・向水ひな子の関係を描いたラブストーリー。片寄は港役で本作に出演している。

舞台挨拶には片寄のほか川栄李奈松本穂香伊藤健太郎、監督の湯浅政明が登場。本編上映後にはハンカチで目を拭うファンが多く、片寄は「うれしいですね。僕もすごく大好きな映画になりました」と会場を見渡しながら語った。本作は第22回上海国際映画祭の金爵賞アニメーション長編部門に出品されており、片寄は6月23日に開催される公式上映に参加する予定。中国でもファンミーティングを行ったことがある片寄は「中国にはよく行っていて、今年でもう2度目なんです。中国の方々にも、自分が初めて声優を務めた作品を届けられるのはうれしいです」と喜びを明かした。また海外の映画祭に初めて出演するという彼は「港の分も、皆さんの分もしっかり胸を張って(レッドカーペットを)歩きたい」と意気込みを述べた。

作品の中で特に印象に残っているセリフを聞かれると、片寄はクリスマスの夜のデートシーンを挙げる。「監督はアフレコのとき、あまり『もっとこうしてほしい』と指導しないんですが、そこだけは『もっともっとウィスパーで!』と言われました」と説明し、「ひな子が波に乗れるまで……」と港のセリフをウィスパーボイスで再現。また川栄に「港は胸キュンなセリフを普通に言うんです。そこがすごくカッコいいと思いましたね」と言われると、片寄は「そういう言葉をポーンと言う感じがかわいいじゃないですか。僕は港のそういう部分もすごく好き」と返した。

さらに舞台挨拶では、キャストたちが「この夏挑戦したいこと」をイラストで発表することに。“画伯”の異名を持つ片寄は、松本がInstagram上で連載している企画「週刊松本穂香」の再現イラストを用意し、「僕が松本さんを知ったきっかけはこの企画なんです」「『ルービックキューブと会話する』とか『キャリーバッグを助ける』とか、すごくシュールなことをやっていて。今年の夏は勇気を出して、僕も出たい」と松本に思いを伝えた。そして最後に片寄は「初めて声優を務めさせていただいた作品が『きみと、波にのれたら』でよかったです。皆さんのお力を借りて、この作品を波に乗せてあげられたらと思います」と本作に対する思いを告げた。

音楽ナタリーをフォロー