音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

「Reborn-Art Festival」開幕イベントに櫻井和寿、宮本浩次、Salyu、青葉市子

833

「転がる、詩」出演者

「転がる、詩」出演者

8月3日から9月29日までの58日間にわたり宮城県の牡鹿半島、網地島、石巻市街地、松島湾で開催される芸術祭「Reborn-Art Festival 2019」。この芸術祭のオープニングを飾る音楽イベント「転がる、詩」の出演アーティストが発表された。

「転がる、詩」は8月3、4日の2日間にわたり宮城・石巻市総合体育館にて行われる企画で、櫻井和寿、宮本浩次Salyu青葉市子の出演が決定。またバンドメンバーとして「Reborn-Art Festival」の実行委員である小林武史(Key)、名越由貴夫(G)、TOKIE(B)、椎野恭一(Dr)、四家卯大(Cello)、沖祥子(Violin)が参加する。各プレイガイドでは本日6月5日よりチケットの先行予約を受け付けている。

また「Reborn-Art Festival 2019」の一環で、7月13日に岩手・釜石市民ホール TETTO、9月22日と23日に宮城・塩竈市杉村惇美術館にて舞台「四次元の賢治 -完結編-」が上演される。この舞台は宮沢賢治の諸作をベースに中沢新一が脚本を書き下ろし、小林がオペラに仕上げた作品。キャストには満島真之介、Salyu、コムアイ水曜日のカンパネラ)、ヤマグチヒロコが名を連ねる。

小林武史 コメント

言葉と旋律、場、その汽水域

アートからの視点で捉えると、日本の音楽、歌の中で最もオリジナルなものは、歌詞、言葉ではないだろうか。この数十年、歌唱や演奏表現を通して、歌が文学的な役割を果たしてきたことも含めながら、言葉と旋律の美しくも、時には毒をも持ち合わせた多彩なタペストリーを、Reborn-Artの中心地である石巻市でお届けしようと思う。刺激的な演出やグルーヴ感のあるビートは抑え気味になるだろうが、本来のアーティスティックな楽曲、名曲の数々にどっぷりと浸ってもらえる、そんな二夜のコンサートにしたい。

平成の中でも忘れられぬ事として東日本大震災があるが、そこから新しい年号の序章のような時期に、様々な時代に思いを馳せながら、希望を託しながら、紡いでいきたい。

Reborn-Art Festival 2019

2019年8月3日(土)~9月29日(日)宮城県 牡鹿半島、網地島、石巻市街地、松島湾
※網地島エリアは8月20日(火)から開催

転がる、詩

2019年8月3日(土)宮城県 石巻市総合体育館
OPEN 16:00 / START 17:00 / END 19:00(予定)

2019年8月4日(日)宮城県 石巻市総合体育館
OPEN 15:00 / START 16:00 / END 18:00(予定)
<出演者>
櫻井和寿 / 宮本浩次 / Salyu / 青葉市子
バンドメンバー:小林武史(Key)、名越由貴夫(G)、TOKIE(B)、椎野恭一(Dr)、四家卯大(Cello)、沖祥子(Violin)

四次元の賢治 -完結編-

2019年7月13日(土)岩手県 釜石市民ホール TETTO
2019年9月22日(日)宮城県 塩竈市杉村惇美術館
2019年9月23日(月・祝)宮城県 塩竈市杉村惇美術館
<出演者>
満島真之介 / Salyu / コムアイ水曜日のカンパネラ) / ヤマグチヒロコ / and more

(c)Reborn-Art Festival

音楽ナタリーをフォロー