竹内まりや「ダンボ」の日本版エンドソングを歌唱、山下達郎がコーラスで参加

818

竹内まりやが3月29日に公開されるディズニー実写映画「ダンボ」の日本版エンドソング「ベイビー・マイン」を歌唱することが明らかになった。

「ダンボ」日本版エンドソングを歌う竹内まりや。(c)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

「ダンボ」日本版エンドソングを歌う竹内まりや。(c)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

大きなサイズで見る(全3件)

「ダンボ オリジナル・サウンドトラック」ジャケット (c)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

「ダンボ オリジナル・サウンドトラック」ジャケット (c)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved[拡大]

ティム・バートンが監督を務める本作は、1941年に制作された同名アニメをもとに、大きすぎる耳のせいで笑い者にされるサーカス団の象ダンボの姿を描いた作品。アニメ版「ダンボ」でも使用された「ベイビー・マイン」は母親象のジャンボがダンボへの愛情を美しいメロディに乗せて歌うバラードで、世界中のアーティストにカバーされてきた。今回竹内は自ら歌詞の翻訳監修を担当しており、楽曲には彼女のパートナーである山下達郎がコーラスで参加。竹内はこの曲を歌唱することについて「娘が幼い頃大好きだった『ダンボ』のビデオを一緒に観るたびに、『Baby Mine』の歌のシーンでいつも涙したものです。まさか30年後に、この曲を私が歌う日が来ようとは! 懐かしいあの時代を思い出しながら、心を込めて歌わせていただきました」とコメントしている。

YouTubeでは「ベイビー・マイン」のミュージックビデオを公開中。4月5日には同曲を収録した「ダンボ オリジナル・サウンドトラック」が発売される。

この記事の画像・動画(全3件)

竹内まりやのほかの記事

リンク