音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

King & Prince、デビューイベントで1000人とハイタッチ

1248

King & Prince

King & Prince

5月23日にシングル「シンデレラガール」でデビューを果たしたKing & Princeが、本日5月26日に東京・お台場パレットプラザ ヴィーナスフォート前屋外広場にて、デビューイベントを開催した。

約1000人のファンが待ちわびる会場にデビュー曲の「シンデレラガール」のイントロが流れ出すと、メンバーはパフォーマンスをしながらステージへ。大歓声の中彼らは同曲を披露し、間奏ではサプライズでジャニーズJr.も登場した。

パフォーマンスが終わるとイベントはトークタイムに。永瀬廉は「デビューして初めてみんなの前に立ちます。ちょっと違う僕らです」とファンを見渡し、神宮寺勇太は「皆さんと会える日を楽しみに、ヒツジを数えながら寝てました」と話す。岩橋玄樹は「こうやってお台場でデビューイベントができたのも皆さんのおかげなので、今日この日を、僕らの大切な1ページとして歴史に刻んでいきましょう」と語った。

話題が、「シンデレラガール」発売後、オリコンデイリーシングルランキングで1位を獲得し続けていることについておよぶと、神宮寺と岩橋が一緒にCDを買いに行ったというエピソードが披露された。神宮寺は「夢だったんですよ。CDを出したら絶対、買いに行こうって」「俺らのCD売ってるところを、ちょっと隠れて『誰が買ってるかな?』って見てた」とCD売り場での自分たちの様子を語り、岩橋は「ユニバーサルのHPで本名で入力して予約したもん」と述べた。

和気あいあいとしたトークが続く中、岸優太が「『シンデレラガール』のカップリングを初披露します!」と切り出し、King & Princeはカップリング曲の「Funk it up」を初披露。その後、ファンが見守る中、マスコミ向けの囲み取材がスタートした。デビューイベントを開催した感想を聞かれると、メンバーは「ファンの顔をいち早く見たかった。みんなに会って笑顔を見て安心したかったっていう気持ちが6人ともあったと思うので、今ホームに帰って家族たちに見守られてる感じです。安心するなっていう気持ちでいっぱいです」(高橋海人)、「泣いてくださる方もいたので、今日から僕らがグループ一丸となって皆さんの笑顔が見れるように恩返ししていけたらなと、今日改めて思いました」(平野紫耀)、「こういう場をいただいたことに感謝を申し上げたいです。一生を共にして人生を懸けていくメンバーと、僕たちのファンと、今までになかったことをやっていきたいです」(岸)と、デビューしてこの日を迎えた喜びを口にする。ファンの呼び名については神宮寺が「玄樹が思いついたのがいいと思った」と言うと、岩橋がKing & Princeのロゴの王冠を指さして「違う言い方をするとティアラだから、ティアラはどう?」と提案。ファンからは歓声が上がり、メンバーも「天才だよ!」と絶賛したため、King & Princeファンの呼び名は「ティアラ」に決まった。

最後に今後の目標を聞かれるとリーダーの岸は「1つはミリオンヒット。もう1つは、東京ドーム。この2つは夢です!」と力強く宣言。囲み取材終了後、King & Princeは「シンデレラガール」をもう1度歌い、岩橋は「『キミが思うより ボクはキミを想ってる』という歌詞そのままなので、この言葉を忘れないで、これからもティアラとしてKing & Princeに一生、来世までついてきてください」とファンにメッセージを送る。高橋は「これから僕のファンとは重い愛を育んでいきたい。なんなら“俺がいないと人生やってけないわ”くらいまで思ってもらえたら幸せです」と延べ、神宮寺は「ここに来れなかった人もいると思うんですけど、改めて僕から言わせてください。本当にありがとうございました。そして5月23日から僕たちはスタートラインに立ったので、これからも末永く僕たち6人のことを応援してください」とコメントした。永瀬は「これからもどんどんファンの方と一緒に年を取っていけたらなと思います。これからもKing & Princeをよろしくお願いします」、岸は「これから胸を張って“私たちのKing & Prince”と言ってください。これからでっかい、でっかい結束力を僕たちと築いていきましょう」、平野は「これから何年、何十年経って、『ファンの皆さんシワ増えたなぁ』『(メンバー)みんなも増えてるよね』って言い合えるくらい長続きできれば。僕らにしか出せない距離感というか。デビューして距離が遠くなったという方もいるけど、僕らは皆さんとの距離をどんどん縮めたいと思ってます。ここから前にどんどん進んでいくので、応援よろしくお願いします」と改めて語った。 最後は6人でファンをハイタッチで見送り、イベントは幕引きとなった。

※高橋海人の「高」ははしご高が正式表記。

音楽ナタリーをフォロー