音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

玉置浩二、熊本県立劇場でオーケストラ従え歌唱「愛を熊本のために」

152

「KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 THE GRAND RENAISSANCE -CURTAIN CALL-」熊本・熊本県立劇場公演の様子。

「KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 THE GRAND RENAISSANCE -CURTAIN CALL-」熊本・熊本県立劇場公演の様子。

玉置浩二が4月28日に熊本・熊本県立劇場でコンサートツアー「KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 THE GRAND RENAISSANCE -CURTAIN CALL-」の特別公演を開催した。

2016年4月に起こった熊本地震を受けて、約2年間コンサートで被災者支援の募金を呼びかけ続けた玉置。彼は被災から復活を遂げた熊本県立劇場のステージに立ち、オーケストラを従えて全18曲を届けた。玉置は本公演で「清く正しく美しく」をNHK熊本児童合唱団の80名と共に歌唱。 「悲しみにさよなら」で彼が「愛をふたりのために」という歌詞を「愛を熊本のために」と変えて歌い上げると、 会場から大きな拍手が沸き起こった。

アンコールで披露されたのは「田園」と「メロディー」。歌を通して届けられる玉置の熊本への思いに、観客はスタンディングオベーションで応えた。

音楽ナタリーをフォロー