音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

僕たちは強くなっていきます!「PERFECT VALENTINE」で超特急が新体制初ライブ

6035

新体制でのパフォーマンスを初披露した超特急。(提供:SDR)

新体制でのパフォーマンスを初披露した超特急。(提供:SDR)

ニッポン放送主催のライブイベント「PERFECT VALENTINE 2018」が本日2月12日に神奈川・横浜アリーナにて実施され、超特急iKON、RADIO FISHの3組が出演した。

「PERFECT VALENTINE 2018」は、出演アーティストがバレンタインデーを前に、日ごろ応援してくれているファンへの感謝を伝えるという趣旨で行われたイベント。MCのオリエンタルラジオの進行のもと、3組はそれぞれに熱いライブパフォーマンスを展開して集まったファンへ思いを届けた。

開演時刻を迎え、トップバッターで登場したのは超特急。彼らにとってこの日のステージは6人の新体制を初披露するものとなった。8号車(超特急ファンの呼称)の熱い眼差しが注がれる中、彼らはShow-hey(RADIO FISH)が振り付けを担当したハードなダンスナンバー「Beasty Spider」で新体制の幕を切って落とす。切れ味鋭いダンスを見せると、2曲目に投下されたのはキラーチューンの「バッタマン」。センターのユースケはRADIO FISH「PERFECT HUMAN」の振りを動きに取り入れながら「フォー!!」と渾身の絶叫でオーディエンスの注目を一身に集める。続く「My Buddy」では、ダンサーの5人も「We are the buddy!」と声を合わせ、会場の大合唱を誘った。

「Kiss Me Baby」の曲途中には、学生服に着替えた6人が突如バレンタインをテーマにした寸劇を始める場面も。女学生のタカコ(タカシ)が手にしているプレゼントをゲットするためダンサー5人が次々に愛の告白をするも、プレゼントの中身は鱚(きす)の天ぷらで、オチがつくやいなやタカコは「バレンタイン・キッス」を甘い歌声でキュートに歌い上げた。

MCではリーダーのリョウガが新体制初のステージであることに触れ「もっともっと盛り上がっていきたいと思いますので、皆さん今の時間だけでも8号車になっていただければ!」と観客へ呼びかける。このあとに披露された「Drive on week」では、客席通路のあちこちへと散らばった6人が出演者3組の名前を叫ぶコール&レスポンスで会場をひとつにしていく。そして、舞台上に戻った彼らは、オリエンタルラジオの持ちネタ・武勇伝を「Drive on week」のパフォーマンスに盛り込む力業を披露。リョウガとタクヤによる「ガリガリ担当、筋肉担当」「いまだに役割わかってない!」と言う告白や、「限界までご飯を食べる」「限界になって道端で寝る」と言うユースケの“リアル武勇伝”で自らの身を削り、会場に爆笑を巻き起こした。

奇想天外な展開でオーディエンスを楽しませた超特急のライブは「超えてアバンチュール」で佳境へ。タカシのエネルギッシュなボーカルでダンサーメンバーが躍動すると、ラストナンバーの「Burn!」ではユースケが「最後、みんなでひとつになりましょう。叫ぼう!」と力強く呼びかける。メンバーはステージのあちこちに散らばり、カイは「もっともっと!」、ユーキは「まだまだ!」と最後までオーディエンスの声援を求める。曲の終盤、ユースケの「タカシが歌います!」と言う声を受けたタカシは渾身のボーカルで大サビを歌い上げ、「振り切った限界をまた乗り越えて……僕たちは強くなっていきます。絶対に諦めません! よろしくお願いします!!」と力強い誓いの言葉を広い会場に響かせた。

2番手のiKONのライブは「BLING BLING」でクールに幕開け。2曲目にセクシーなヒップホップチューン「RHYTHM TA」がドロップされると、オーディエンスは息ぴったりのコールを飛ばして会場の熱気を引き上げていく。B.Iの鋭いラップが炸裂した「SINOSIJAK」で彼らがセンターステージへと歩みを進めると、オーディエンスは一層ヒートアップ。この曲を終えるとメンバーは自己紹介を行い、JAYは「今日も最後まで楽しんでいきましょう!」と笑顔で呼びかけた。

B.Iが「次の曲は日本で初めてやる曲です」と新曲「LOVE SCENARIO」のタイトルコールをすると、ファンは歓喜の歓声を上げる。7人は穏やかな表情を浮かべながらこのミドルチューンをパフォーマンスし、会場を甘いムードで満たしていく。6曲目の「MY TYPE」ではそれぞれが客席通路に歩みを進め、1人ひとりと笑顔を交わして一体感を高めていった。

MCではSONGが「僕たちの新曲、どうでしたか?」とファンに問いかける。するとJU-NEは「日本のバージョンもちょっと歌ってあげたい」と言って「LOVE SCENARIO」のワンフレーズを日本語で歌唱するサービス精神旺盛な振る舞いを見せた。CHANが「熱気がすごいです。寒い中来てくれてありがとうございます!」と感謝を伝えると、BOBBYの「最後まで最強に盛り上がっていきましょう!」と言う呼びかけでラストスパートへ。彼らは「DUMB & DUMBER」のEDMサウンドを会場に響かせると、再び花道や客席通路へ飛び出して観客の声を求めていく。ラストナンバーの「B-DAY」でパーティ空間のような熱狂を生み出し、7人は「ありがとうございました!」と言って颯爽とステージをあとにした。

超特急メンバーが会場を1周して客席へサインボールを投げ入れたパレードタイムを経て、トリとして舞台に上がったのはRADIO FISH。彼らは「Make Ya Groove」を1曲目に届けると、焚巻を迎えて2曲目に「東京大革命」を披露。“御神体”のNAKATAは「新しい時代をあなたたちと作りたい!」と客席へ語りかけ、マントを風にはためかせながらそのカリスマ性を存分にアピールした。

この曲を終えると、NAKATAは会場を見渡し「よかったです。お客さんが帰っていません。もう勝利です!」と言って笑いを誘う。するとここで、ステージに超特急メンバーが“乱入”。彼らは「踊り足りないんじゃ!」とRADIO FISHメンバーに訴え、次の「ULTRA TIGER」でコラボパフォーマンスを披露した。

超特急が参加した「超ULTRA TIGER」は、超特急の「バッタマン」や「超えてアバンチュール」の振り付けも盛り込まれたスペシャルな内容に。切れ味鋭いダンスで観客を魅了すると、SHINGOは「『超えてアバンチュール』いい振りなんだけどさ、首への負担がすごい!」と笑いながら超特急メンバーを称えた。ユースケの「踊り足りました」と言う言葉と共に6人がステージを去ると、RADIO FISHはNAKATAを担ぎ上げるシーンが印象的な「NEW GOD」で彼らの持つ独自の世界観を深めていく。そして、ラストに届けられたのはキラーチューンの「PERFECT HUMAN」。SHINGOのハイトーンボイスとSKILL-MASTER(ダンサー)たちのスキルフルなダンスパフォーマンスで会場を圧倒し、彼らは自身のステージを終えた。

最後には3組全員がステージ上にラインナップ。それぞれに一言ずつライブの感想を語り、ユースケは「楽しかったです。RADIO FISHさん、iKONさんとこの場所を盛り上げることができて、よかったです!」とコメント。JAYは「2カ月ぶりに日本に来ましたが、いろんな方と共演できて楽しい時間でした」と続き、藤森慎吾は「また来年も(ライブが)できたらいいね!」と共演者、ファンに向かって語りかけていた。

PERFECT VALENTINE 2018 2018年2月12日 横浜アリーナ セットリスト

超特急

01. Beasty Spider
02. バッタマン
03. My Buddy
04. Kiss Me Baby~バレンタイン・キッス
05. Love again
06. Drive on week ~武勇伝ver.~
07. 超えてアバンチュール
08. Burn!

iKON

01. BLING BLING
02. RHYTHM TA
03. SINOSIJAK
04. LOVE SCENARIO -KR-
05. BEAUTIFUL -KR-
06. MY TYPE
07. DUMB & DUMBER
08. B-DAY

RADIO FISH

01. Make Ya Groove
02. 東京大革命(feat.焚巻)
03. 超ULTRA TIGER
04. 新時代
05. NEW GOD
06. PERFECT HUMAN

音楽ナタリーをフォロー