明治維新150周年の鹿児島で新フェス開催!SOIL、氣志團、KEYTALK、中島美嘉ら集結

683

10月7日と8日に鹿児島・桜島多目的広場&溶岩グラウンドにて野外ロックフェスティバル「THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2018」が開催される。

「THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2018」ロゴ

「THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2018」ロゴ

大きなサイズで見る(全12件)

このフェスは明治維新150周年を迎える2018年、明治維新の大きな舞台の1つとなった鹿児島の地を盛り上げるべく、鹿児島や九州に縁の深いアーティストたちが立ち上げる“九州最南端ロックフェス”。3つのステージを舞台に、合計約50組のアーティストが出演する。

発起人の1人である鹿児島県出身のタブゾンビ(SOIL & "PIMP" SESSIONS)はこのフェスについて「ただ単に音楽フェスで終わらせようとは思っていません。ゆくゆくはスポーツと絡め食と絡め地域と協力して鹿児島から全国に発信して鹿児島県民もそして全国の人々が鹿児島に集う様な大規模なフェスにしたいと思っています」と語っている。

また、出演アーティスト第1弾として雨のパレード氣志團KEYTALK、THE King ALL STARS、SOIL & "PIMP" SESSIONS、DISCO MAKAPU'U(川辺ヒロシ&サイトウ"JxJx"ジュン)、中島美嘉MAGUMI AND THE BREATHLESS、若旦那も発表された。いずれも鹿児島および隣県の熊本出身者や、メンバーに地元出身者を擁するバンドばかり。MAGUMI AND THE BREATHLESSにはゲストとして杉本恭一が参加する。

オフィシャルサイトでは3月27日12:00より、チケットの最速先行先着予約を受け付ける。出演アーティストの第2弾発表は1月末を予定。

この記事の画像(全12件)

THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL 2018

2018年10月7日(日)・8日(月・祝)鹿児島県 桜島多目的広場&溶岩グラウンド
<出演者>
雨のパレード / 氣志團 / KEYTALK / THE King ALL STARS / SOIL & "PIMP" SESSIONS / DISCO MAKAPU'U(川辺ヒロシ&サイトウ"JxJx"ジュン) / 中島美嘉 / MAGUMI AND THE BREATHLESS GUEST:杉本恭一 / 若旦那 / and more

タブゾンビ(SOIL & "PIMP" SESSIONS)コメント

今から10年以上も前の2005年、GSH実行委員会メンバーである同郷の方々と、鹿児島を盛り上げたいという話をした。
私は鹿児島の文化的側面を盛り上げたいという想いがあり、彼らは鹿児島が元気に率先して経済的にも成り立ち人々が楽しむようなことがしたいという話をした。
その両方の想いが合致したのが音楽を中心としたフェスの開催という着地点だった。
今では1万人規模のフェスは全国各地で開催されていますが、ここ鹿児島ではまだ大規模フェスと呼ばれるものがなされていません。
それはきっと鹿児島では難しいという考えからでしょう。
しかし、文化が根付くためには多少時間がかかるのだと思います。文化というものが根づけばきっとアイデアなどが豊かになりそれはいろんな事と結びついてくるものだと思っています。
2018年は明治維新から150周年、西郷さんは薩摩から日本を改革しました。
今、鹿児島に大切なものはチャレンジ精神と創意と工夫だと思っています。私はTHE GREAT SATSUMANIAN HESTIVALをただ単に音楽フェスで終わらせようとは思っていません。
ゆくゆくはスポーツと絡め食と絡め地域と協力して鹿児島から全国に発信して鹿児島県民もそして全国の人々が鹿児島に集う様な大規模なフェスにしたいと思っています。
皆さま力添えの方を何卒よろしくお願いします。

全文を表示

関連記事

SOIL&"PIMP"SESSIONSのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 SOIL&"PIMP"SESSIONS / 氣志團 / KEYTALK / 雨のパレード / 加山雄三 / TOKYO No.1 SOUL SET / YOUR SONG IS GOOD / 中島美嘉 / MAGUMI / LA-PPISCH の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。