音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

EMPiREがFCロイヤル会員とのリムジンデート後に初ライブ、BiSHアイナ振り付け曲を披露

423

EMPiRE

EMPiRE

EMPiREが昨日11月23日に東京・morph-tokyoでファンクラブ会員限定のお披露目ライブを行った。

パフォーマンスや歌声を公にせず、謎のベールに包まれていたEMPiRE。そのような状態ながら入会金3万円のファンクラブ「EMPiRE CORE」は受付開始からほどなくして150名の定員に達し、さらに会員を対象に追加年会費のオークションを行った末、入札額の高かった上位5名は「ROYAL EMPiRE」に任命された。

昨日のライブ前、EMPiREは「ROYAL EMPiRE」会員とリムジンデート。5対5でそれぞれ腕を組みながらリムジンへと乗り込み、会場近辺を回る間に密室でのコミュニケーションを楽しんだ。その後ステージに上がったメンバーは「EMPiRE is COMiNG」を初披露。その後、WACK代表の渡辺淳之介が登場し、メンバーおよびグループの紹介をしつつ、“EMPiRE3カ条”を発表した。一連のアナウンスでファンの総称は「エージェント」、ライブ中の写真撮影は可能で、動画撮影や録音のほか、リフト、ダイブ、サーフなどの危険行為は禁止であることが宣言された。

EMPiREは2曲目にMAYU EMPiRE作詞の「TOKYO MOONLiGHT」を披露し、激しい振り付けでファンを魅了。「WACKとavexで全力で売っていきます!」という渡辺の言葉のあと、ラストには“これから進化していくEMPiRE”をテーマにBiSHのアイナ・ジ・エンドが振り付けを担当した「アカルイミライ」を届け、記念すべき初ライブを終えた。

音楽ナタリーをフォロー