音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

トクマルシューゴ、井の頭公園舞台の映画「PARKS」で音楽監修

199

「PARKS」製作発表記者会見の様子。左から樋口泰人、トクマルシューゴ、瀬田なつき、松田広子、本田拓夫。

「PARKS」製作発表記者会見の様子。左から樋口泰人、トクマルシューゴ、瀬田なつき、松田広子、本田拓夫。

2017年春に公開される映画「PARKS」の音楽監修を、トクマルシューゴが務めることが明らかになった。

「PARKS」は映画「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の瀬田なつきが監督を務める新作で、井の頭恩賜公園が2017年5月に開園100周年を迎えることを記念して制作されるもの。2014年6月に閉館した東京の映画館、吉祥寺バウスシアターのオーナー本田拓夫氏の呼びかけによって企画が始動した。本日3月31日に東京・アトレ吉祥寺にて記者会見が行われ、瀬田、トクマル、本田氏、プロデューサーの樋口泰人と松田広子が出席し、映画への思いを語った。

樋口が「シナリオの中で、歌詞も含め音楽がすごく重要」と発言したことを受けて、トクマルは「映画の時代設定がいろいろなことになっていくんですけど、60年代の井の頭公園というのが出てくるんですね。60年代の音楽の流行、当時の若者たちの趣向をしっかりとリサーチしました」とコメント。さらに「理想であったり、妄想であったりするかもしれないが、60年代の井の頭公園で生まれたような音楽を僕の手で生み出せたら。がんばりたいと思ってる所存であります」と続けた。

映画の撮影は、本日の早朝に井の頭恩賜公園でスタート。瀬田は「主人公の女の子2人がひょんなことから、50年前に録音された音楽の断片、オープンリールを見つけて、それをいろんな人の話を聞きながら完成させていく話」とストーリーについて言及し、樋口は「現代と60年代が舞台になる。親の世代がやり残したものを、若い世代が完成させていく」と述べた。

また映画に関連したフリーペーパーが隔月で発行されることも明らかに。本日から吉祥寺を中心に配布されている準備号には、本田氏へのインタビュー、瀬田、樋口、松田による鼎談が掲載されている。6月発行予定の次号からはマンガ「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」のマキヒロチによる連載も始まる。

音楽ナタリーをフォロー