音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

木村カエラ、ヒイズミマサユ機バンド&ストリングス初導入のフリーライブ遂行

927

木村カエラ(撮影:川田洋司)

木村カエラ(撮影:川田洋司)

昨日9月9日、木村カエラが東京・渋谷公会堂でフリーライブ「GO! SHOW TIME」を開催した。

ニューシングル「EGG」の発売を記念して、同作購入者の中から抽選で2000名を招待したこのライブ。カエラが渋谷公会堂でライブを行うのはこれが初だが、渋公は10月4日をもって建て替えに伴い一時閉館するため、現在の同会場では最初で最後のカエラの公演となった。また、この日は「EGG」のカップリング曲「SHOW TIME」「オバケなんてないさ」のアレンジを担当したH ZETT Mの“友人”、ヒイズミマサユ機(PE'Z)が結成したスペシャルバンドがサポートを務めることも事前に話題を集めていた。

暗転後、中央から幕が開くなり、カエラは赤いワンピースを翻しながら「TODAY IS A NEW DAY」を歌唱。注目のバンドメンバーはKent Kakitsubata(G)、なかむらしょーこ(B)、航(Dr / PE'Z)、DJ Mass(DJ)、ヒイズミマサユ機(Key)という布陣だ。カエラはまず「STARs」「BEAT」とライブ定番曲を送り、最初のMCで「みんなタダで来てるんだよね? みんなCDを買ってくれて、タダで来てるんだよね?(笑) しかも雨にも負けず、風にも負けず、台風にも負けず、ここにやって来てくれたわけでしょ? ありがとうございます!」と、荒天の中、会場に集まったファンをねぎらった。

中盤は、ヒイズミの奏でるピアノの和音をフィーチャーして新鮮さをまとった「リルラ リルハ」を届ける。続いてカエラ、ヒイズミ、DJ Massの3人だけになり、カエラは「そこに座ってるのはH ZETT Mさんじゃない……んですよね?(笑) じゃあH ZETT Mさんの代わりにヒイズミさん弾いてもらってもいいですか」とヒイズミに語りかけ、彼が鳴らすエフェクティブなサウンドに載せて「オバケなんてないさ」をカバー。しかし次の「Butterfly」では一転、シンプルで流麗なピアノの伴奏が繰り出され、カエラは伸びやかな歌声を響かせた。

その後はバンドメンバー全員がステージに戻り、さらに佐藤帆乃佳ストリングスの4人が加わる。この日のハイライトと言える「EGG」ではミラーボールで反射した光が会場中に行き渡り、幻想的な世界観に染まった。カエラのライブにストリングスが入るのは初めての試みで、彼女自身も夢だったという。本編最後のパートは「You bet!!」「Yellow」「TREE CLIMBERS」「KEKKO」という勢いのあるロックチューン続きで、これまでのカエラのステージにないストリングスの疾走感が交わり観客を楽しませていた。

アンコールにて、真っ白なノースリーブのロングワンピースで再登場したカエラ。恒例の「Magic Music」で場内一体となって盛り上がったあと、「この上ない喜び!」と叫んだ観客に対して「私、今そんな感じだわ」と話して笑顔を向ける。そして「この曲も『EGG』と同じように、大切なものを温めたいから大事に守らなきゃっていう温かい愛が入った歌です。この曲を聴いて、外は雨だけど、みんなが心が晴れた!ってちょっとでも思えるように、明日からいいことがあるように、気持ちを込めて歌います」と、最後に「Sun shower」をパフォーマンス。“天気雨”の恵みを表すように軽やかに舞いながら同曲を歌い、台風の日のライブを締めくくった。

なお彼女はこの日のステージで、12月25日に東京・昭和女子大学人見記念講堂でクリスマスライブを行うことを発表。チケットの一般発売は11月21日からスタートする。

木村カエラ「GO! SHOW TIME」
2015年9月9日 渋谷公会堂 セットリスト

01. TODAY IS A NEW DAY
02. STARs
03. BEAT
04. SHOW TIME
05. Ring a Ding Dong
06. リルラ リルハ
07. オバケなんてないさ
08. Butterfly
09. EGG
10. You bet!!
11. Yellow
12. TREE CLIMBERS
13. KEKKO
<アンコール>
14. Magic Music
15. Sun shower

クリスマススペシャルライブ

2015年12月25日(金)東京都 昭和女子大学人見記念講堂

音楽ナタリーをフォロー