荻野目洋子、多彩なナンバーで飾った30周年

109

荻野目洋子の単独ライブ「荻野目洋子 30th Aniniversary LIVE『ディア・ポップシンガー』」が昨日10月16日に東京・赤坂BLITZで開催された。

荻野目洋子「荻野目洋子 30th Aniniversary LIVE『ディア・ポップシンガー』」東京・赤坂BLITZ公演の様子

荻野目洋子「荻野目洋子 30th Aniniversary LIVE『ディア・ポップシンガー』」東京・赤坂BLITZ公演の様子

大きなサイズで見る(全6件)

荻野目洋子

荻野目洋子[拡大]

この公演は荻野目のデビュー30周年を記念して行われたもの。ライブ冒頭で過去のパフォーマンス映像が上映されたあと、この日のオープニングナンバー「99 Big Balloons」がスタートした。サポートバンドのリンカーンMDKがステージ上で演奏する一方、荻野目は客席後方から登場。騒然とする観客に囲まれながらハリのある歌声を響かせ、客席をゆっくり回ってからステージに上がった。

序盤は8月リリースのアルバム「ディア・ポップシンガー」収録のディスコナンバーの連発に。荻野目はギター、ベース、ドラム、シンセ、コーラスからなるバンドのロックサウンドにステップを合わせながら、洗練されたステージングを披露する。一方MCでは彼女が客席からの「30周年おめでとう!」という声に喜びつつも「大人になったね、お互いに(笑)」とファンたちを笑わせる一幕も。30年のうちに起こった出来事を振り返りながら彼女は「こうやって歌えることが幸せ」と感慨深げに話した。

MC後に繰り出されたのは1984年リリースの1stシングル「未来航海 -Sailing-」から6枚連続の初期シングルメドレー。軽快なバンドサウンドが会場を包み、荻野目は当時の振り付けを取り入れつつ笑顔で懐かしのナンバーを歌唱した。続いてプレイされたのは「BUS STOP」「スロープに天気雨」といったカップリング曲。彼女は幅広い選曲でライブに来たファンたちを盛り上げた。

荻野目洋子「荻野目洋子 30th Aniniversary LIVE『ディア・ポップシンガー』」東京・赤坂BLITZ公演の様子

荻野目洋子「荻野目洋子 30th Aniniversary LIVE『ディア・ポップシンガー』」東京・赤坂BLITZ公演の様子[拡大]

ライブ中盤に荻野目はステージから一旦退出し、衣装を替えてセクシーな女性ダンサー2人とともに再登場。ジャケットとミニスカート姿でキレのあるダンスパフォーマンスで観客を魅了する。踊りながら「STEAL YOUR LOVE」「美女と野獣」「コーヒー・ルンバ」を歌いきった彼女は、自身のキャリアの中でも“挑戦”だったというダンス曲の連発をやりとげたことについて「進化してるんじゃないの? 人間鍛えればなんとかなる!」と自信を持って話す。客席からは拍手と「イエーイ!」「荻野目ちゃーん!」といった歓声が何度も上がった。

荻野目洋子

荻野目洋子[拡大]

その後80年代後半にリリースされた中期シングルメドレーのほか、アルバム「ディア・ポップシンガー」収録のカバーソングなどを次々と披露。客席にマイクを向けて合唱を促すなどオーディエンスとのコミュニケーションも絶やさず、ライブは終始ほがらかな雰囲気で進行していった。サビの合唱もばっちりの「六本木純情派」のあとで始まったのは“ダンスレッスン”。荻野目は「思い残すことのないように皆さんと踊りたいんです!」と本編ラスト「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」の振り付けをファンに直接レクチャーする。そして満を持してシンセサイザーの音色がスピーカーから放たれ、楽曲がスタートする。ミラーボールの光が会場を彩る中、ステージと客席で息ぴったりのパフォーマンスが展開された。

本編終演後、鳴り止まない「洋子!」コールに促されてバンドメンバーと荻野目が登場。「いつまでもDON'T LET ME DOWN」の穏やかなテンポに乗せて彼女は客席に歌と感謝の言葉を届ける。そして「胸がいっぱいです。これからも自分なりのペースで続けていけたらなと思うので皆さんついてきてください」と述べ、締めくくりのナンバー「夏のステージライト」を披露。客席全体に目をやりながら楽曲を歌い上げたあとで「またみんな会いましょうね!」と充実した表情でステージをあとにした。

この日のライブの模様は12月にCS放送のTBSチャンネル1でオンエア予定。また10月29日には赤坂BLITZで追加公演も行われる。チケットは明日10月18日10:00に各プレイガイドで販売スタート。

この記事の画像(全6件)

荻野目洋子 コメント

皆さんと会えるこの日を楽しみにしていました! 家族をはじめ、活動再開を支えてくれたすべての方に感謝しています。構成はすっごく悩みましたが、今までリリースした作品をすべて聴き直して、再起動した今の私の気持ちに合った曲を選びました。会場の皆さんが笑顔で迎えてくれて、一緒に歌って踊ってくださったことが何より嬉しかったです。今後は東京以外でも積極的にライブを行なっていきたいと考えていますので、今回会えなかった皆さんもぜひ遊びにきてください!

荻野目洋子 30th Aniniversary LIVE「ディア・ポップシンガー」2014年10月16日 赤坂BLITZ セットリスト

01. 99 Big Balloons
02. ラヴィン・ユー・ベイビー
03. ホット・スタッフ ~恋のかけひき~
04. ブレイクアウト ~弾けろ、ワタシ~
05. 初期シングルメドレー(未来航海 -Sailing- ~ さよならから始まる物語 ~ ディセンバー・メモリー ~ 無国籍ロマンス ~ 恋してカリビアン ~ 心のままに~I'm just a lady~)
06. BUS STOP
07. スロープに天気雨
08. STEAL YOUR LOVE
09. 美女と野獣
10. コーヒー・ルンバ
11. 中期シングルメドレー(さよならの果実たち ~ ストレンジャーtonight ~ スターダスト・ドリーム ~ フラミンゴ in パラダイス ~ 湘南ハートブレイク ~ 北風のキャロル ~ Dance Beatは夜明けまで)
12. 待ちきれない瞳
13. フリーダム
14. キミとタイムマシン
15. 真夜中のストレンジャー
16. 湾岸太陽族
17. 六本木純情派
18. ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)
<アンコール>
19. いつまでもDON'T LET ME DOWN
20. 夏のステージライト

荻野目洋子 30th Aniniversary LIVE「ディア・ポップシンガー」追加公演

2014年10月29日(水)東京都 赤坂BLITZ

全文を表示

関連記事

荻野目洋子のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 荻野目洋子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。