音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

SHANKとTOTALFAT、お祭りムードでEVIL STAGE終幕

202

PIZZA OF DEATH RECORDS主催イベント「SATANIC CARNIVAL'14」が本日6月7日に千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホールにて開催。この記事ではEVIL STAGEに出演したSHANKTOTALFATのステージの様子をレポートする。

SHANK

SHANKは庵原将平(Vo, B)の「遊ぼうぜ! 長崎SHANK、始めます」という自己紹介を合図にライブをスタート。3人はキャッチーな「Keep on Walking」、池本雄季(Dr)の手数の多いドラムプレイが光る「Cigar Store 」、松崎兵太(G, Cho)の裏打ちのギターに乗せた「620」などアップチューンを畳み掛けていく。

庵原は「すげー! PIZZA OF DEATHやばい!」と興奮気味に話し、バンドはその後も高速なリズムに乗せて、「Two sweet coffees a day 」「Good Night Darling 」といったメロディアスなナンバーを次々と楽曲を投下した。そしてひと呼吸置くと、庵原が「もし俺が結婚して子供が生まれて、孫ができたら『じいちゃんは幕張メッセでライブしたんだよ』って自慢したいと思います」とあらめて喜びを語る。さらに「PIZZA OF DEATHに1曲、愛を込めて歌います」と続け、「Set the fire」でステージを締めくくった。

TOTALFAT

EVIL STAGEのトリを飾るのはTOTALFAT。ダンサブルな「PARTY PARTY」を1曲目に投下し、一気にオーディエンスの熱を上昇させる。その後バンドは「こんな最高の日にぴったりの曲」という新曲でさらにお祭りムードを盛り上げると、間髪入れずに「World of Glory」「Overdrive」を連投。Bunta(Dr)とKuboty(G)が精緻なプレイを見せ、Shun(Vo, B)とJose(Vo, G)は絶妙なツインボーカルを聴かせた。

最後にShunが「13歳のときに地元のTSUTAYAで手に取った『ANGRY FIST』がここまで連れてきてくれるとは思いませんでした」と今日出演できた喜びを熱く語り、ラストナンバー「Place to Try」へ。フロアにはいくつもサークルが発生し、会場に観客の合唱が響き渡った。

アンコールで再びステージに姿を現した4人は「終わってすぐ健さんを観に行きたいから、いつもよりBPMを上げていきます」というShunの言葉通り、「Good Fight and Promise You」を高速で披露。オーディエンスを熱狂の渦に巻き込み、この日のEVIL STAGEを締めくくった。

音楽ナタリーをフォロー