音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

EGG BRAINとNOISEMAKER“カーニバル”彩る熱演

158

PIZZA OF DEATH RECORDS主催イベント「SATANIC CARNIVAL'14」が本日6月7日に千葉・幕張メッセ 国際展示場9-11ホールにて行われている。この記事ではEVIL STAGEに出演したEGG BRAINNOISEMAKERのステージの様子をレポートする。

EGG BRAIN

EGG BRAINは「VITAMIN」からライブをスタート。アッパーチューンでオーディエンスを熱狂させると、続く「MUZIC」ではオーディエンスのハンドクラップやシンガロングを煽り、会場の一体感を生み出す。間奏では薬師と田畑邦彦(B, Vo)がステージ中央で競う合うようにアグレッシブなプレイを見せた。

MCで薬師が「俺達7年間バンドやってるんですが、“カーニバル”に出るのは初めてです!」と今日のイベント出演についてコメント。続けて「一緒に遊んでくれますかー?」と呼びかけ、「CROSS THE SKY」「THE SWEETEST LULLABY」などキャッチーなナンバーでオーディエンスを踊らせていく。最後は内田雅人(Dr)のパワフルなドラムプレイが光る「METEOR」、薬師と田畑のコーラスが絶妙な「SEVENTEEN」を連投し、初めての“カーニバル”のステージを締めくくった。

NOISEMAKER

「幕張ー!」というAG(Vo)のスクリームから始まったのはNOISEMAKERのパフォーマンス。AGはステージを動き回り、HIDE(G)とYU-KI(B)はリズムに合わせて大きくジャンプするなど、バンドは序盤からアグレッシブなプレイを見せていった。

「KNOW YOUR BRIDGE」に続いてドロップされた「THE NEW ERA」では観客から盛大なシンガロングが発生。バンドが次々と繰り出すヘヴィなサウンドとキャッチーなメロディに、オーディエンスはヘドバンやツーステップ、モッシュなどで応えていく。MCではAGが「このフェスに呼ばれるなんて思ってもみなかったです」と喜びの気持ちを明かした。さらにバンドはAGのパワフルなシャウトが響き渡った「Rude boy」やスケール感のあるミディアムナンバー「OBEY YOUR VOICE」などをドロップ。緩急のある展開でオーディエンスを魅了した。

音楽ナタリーをフォロー