音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

YOSHIKI、東阪ソロ公演決定に「不安だけど支えてほしい」

396

YOSHIKIがワールドソロツアー「YOSHIKI CLASSICAL WORLD TOUR 2014」で新たに台湾および日本公演を実施することが発表された。

これは本日4月3日に東京・東京アメリカンクラブで開催されたYOSHIKIの記者会見にて発表されたもの。会見のオープニング映像にて多数の報道陣と抽選で選ばれた約100名のファンクラブ会員を前に公演の実施が明かされた。

今回新たに発表されたのは6月13日の台湾・台北 NK101 Taipeiでのライブと16日の東京・東京芸術劇場および17日の大阪・ザ・シンフォニーホール公演。YOSHIKIが国内でソロ公演を行うのは、2002年に東京で行われた「Yoshiki Symphonic Concert 2002 with Tokyo City Philharmonic Orchestra featuring Violet UK」以来2度目となる。ソロでの大阪公演は今回が初めてで、ライブ情報がスクリーンに投影されるやいなやファンからは大きな歓声が上がった。なお今回カナダ公演がスケジュール上の都合によりキャンセルになったこともあわせて発表された。

YOSHIKIは会見で「日本人なのに日本公演が決まってこんなに喜ばれるのは僕だけじゃないか」と苦笑しながら、今回のツアー内容について「国によって楽曲構成を変えます。その国でしか演奏されない曲があるし、日本では東京と大阪の内容も変えようと思っている」と構想を明かす。ライブではX JAPANの楽曲もクラシックバージョンで数曲演奏する予定で、Xのメンバーが参加するかどうかについても「可能性はある」と発言した。加えてYOSHIKIはこのツアーでゲストとしてViolet UKのケイティー・フィッツジェラルド(Vo)が参加することを明かした。

ほかにもYOSHIKIは3月にアメリカ「SXSW」で披露された本人とホログラムの“共演”映像の逸話を交え、映画やビデオクリップを新たに撮影したことを話す。撮影で彼は火のついたピアノを弾いたり水中に入ったりしたことを話し、自身の無茶に対して「着実に破滅に向かってますね……(笑)」と反省した。

また会場からの質問で今後の予定を聞かれたYOSHIKIは、ツアー後にヨーロッパや日本での活動を示唆。X JAPANとしても「どの国かは言えないんですが」と前置きして秋に大規模な公演を計画中で、日本公演も「あると思います。前向きに考えている」と発言した。質問はさらにX JAPANの新作におよび、YOSHIKIは「出そうと思えば明日にも出せる状態で、何回か完成しているんだけど出すたびに壊そうとしてしまう。9割、いや91%できています」と話した。

質疑応答を終えたYOSHIKIはクリスタルピアノの前に。肩慣らしに即興演奏を行ってから彼は「ソロでやるのは初めてなんじゃないかな」と話し、「Forever Love」をピアノで披露する。集まったファンは彼の演奏を静かに聴き入った。演奏後にYOSHIKIはツアーについて「不安ですけれど全力でやるので支えてほしい」とファンにメッセージに伝え会見を締めくくった。

「YOSHIKI CLASSICAL WORLD TOUR 2014」Part 1

2014年4月25日(金)アメリカ・カリフォルニア州コスタメサ Segerstrom Center for the Arts
2014年4月28日(月)アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ Davies Hall
2014年5月3日(土)メキシコ・メキシコシティ Auditorium Blackberry
2014年5月10日(土)カナダ・トロント Queen Elizabeth Theatre(キャンセル)
2014年5月21日(水)ロシア・モスクワ Crocus City Hall
2014年5月23日(金)ドイツ・ベルリン Tempodrom
2014年5月26日(月)フランス・パリ Trianon
2014年5月29日(木)イギリス・ロンドン Royal Festival Hall
2014年6月6日(金)中国・北京 Beijing Exhibition Center
2014年6月8日(日)中国・上海 Oriental Arts
2014年6月10日(火)タイ・バンコク Royal Jubilee Hall
2014年6月13日(金)台湾・台北 NK101 Taipei
2014年6月16日(月)東京都 東京芸術劇場
2014年6月17日(火)大阪府 ザ・シンフォニーホール
※開催日はいずれも現地時間。

音楽ナタリーをフォロー