音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

映画「GSワンダーランド」にあのロックバンドが出演

片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティパウンチホイールが今月より公開される話題の映画「GSワンダーランド」に役者として出演している。

この映画はグループサウンズ・ブーム真っ只中の1960年代後半を舞台に、即席GSバンド「ザ・タイツメン」でブレイクを目指す若者たちの青春を描いたもの。初めての男装に挑んだ栗山千明をはじめ、石田卓也、水嶋ヒロ、浅利陽介といった豪華キャストが出演する。

劇中で片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティは「ラブ・ジェネレーション」というバンドの役を担当。そしてパウンチホイールは「ザ・ライオンズ」として映画に出演する。

なお、11月15日にリリースされる同映画のサウンドトラックは「サリー久保田とカジノ・ジョーカーズ」が大部分の楽曲を演奏。このバンドには阿部耕作(ザ・コレクターズ)、木暮晋也(ヒックスヴィル)、白根賢一(Great3)、北原雅彦(東京スカパラダイスオーケストラ)も参加しており、ザ・タイツメンの楽曲は石田卓也が、ラブ・ジェネレーションの楽曲は片山尚志(片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ)が、そしてザ・ライオンズIIの楽曲は岸部大輔&青木拓磨(パウンチホイール)がボーカルを手がけている。

ちなみに「泣かずにいられない」「Mr.SHADOW KNIGHT」を歌うザ・ナックルズの音源は、ザ・サイクロンズの演奏にあわせて高岡蒼甫が歌ったもの。サントラのラストを飾るザ・フレッシュ・フォーは温水洋一、大堀こういち、緋田康人、村松利史が歌唱している。

音楽ナタリーをフォロー