音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

Rihwa、三浦春馬主演ドラマに主題歌「春風」書き下ろし

143

Rihwaが1月8日スタートのフジテレビ系ドラマ「僕のいた時間」の主題歌を担当する。

「僕のいた時間」は三浦春馬演じる就職活動中の主人公が難病を患い、余命わずかな中で残された人生を模索していくという物語。今回Rihwaは監督の要望を聞き台本を読んだ上で、ドラマのためにバラード「春風」を書き下ろした。彼女は楽曲について「余裕が無くなる程見えづらくなる、本来この世界に溢れるキラキラした部分。それを、歌詞を聞く事で情景が浮かんで、一曲聞き終わる頃には真っ白だったキャンバスに色鮮やかな景色が広がる絵になるように、想像しながら書いていきました」と説明。主演の三浦は「混沌とした日々を過ごしていても、確かな温もりで支えてくれる人が隣にいれば、乗り越えて行ける。Rihwaさんのパワフルかつ繊細な歌声がそう感じさせてくれます」と絶賛のコメントを寄せている。

また「春風」は2月26日にシングルとしてリリースされる。今作は初回限定盤と通常盤の2仕様で、カップリングにはファッション通販サイト「TREND-H」のCMソング「Lovely Country」を収録。初回限定盤にはさらに「愛するということ」が追加で収められるほか、「Last Love」「モンスターのかくれんぼ」のスタジオライブ映像を楽しめるDVDが付属する。

Rihwa「春風」収録曲

CD

01. 春風
02. Lovely Country
03. 愛するということ(※初回限定盤のみ)

DVD

「Last Love」「モンスターのかくれんぼ」Studio Live

音楽ナタリーをフォロー