左からナオト・インティライミ、RIKU。

THE RAMPAGE RIKUの「音楽大陸」 Vol.7(前編) [バックナンバー]

ナオト・インティライミとエグいザイル?

サッカー少年たちが音楽人生を歩むまで

2946

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE・RIKUさんの連載「音楽大陸」Vol.7には、今回が初顔合わせとなるナオト・インティライミさんをお招きしました。「音楽大陸」春の特別編(OFF編)で「1週間休みがあったら海外旅行に行きたい」と話していたRIKUさん。それをヒントに世界一周の旅を経験しているナオトさんに編集部がオファーし、この対談が実現する運びとなりました。

かつてはサッカー少年、そしてJ-POPラバーという共通点のある2人はすぐに打ち解けてマシンガントークを展開。予告編にもあったように予定していた時間をオーバーしながら熱い音楽トークを繰り広げました。1万2000字からなるインタビューの前編をまずお届けします。

取材 / RIKU / 清本千尋 撮影 / 後藤壮太郎

ここにもスターがいるじゃない

RIKU ナオトさん、今日はお忙しい中お時間割いていただきありがとうございます。

ナオト・インティライミ いやいや。こちらこそ貴重なお時間をありがとうございます。

挨拶するナオト・インティライミさんとRIKUさん。

挨拶するナオト・インティライミさんとRIKUさん。

RIKU ナオトさんはLDHのアーティストで仲がいい人はいますか?

ナオト EXILEファミリーだとネス(NESMITH)と親交があるよ。

RIKU 僕もネスさんと仲よくさせてもらっています。ごはんにもよく連れて行ってもらってて。

ナオト へえ! RIKUくんは、おいくつなの?

RIKU 26歳で、今年の8月で27歳になります。

ナオト いいね! まだまだ何にだってなれる歳だね。

RIKU 野球選手の大谷翔平さんやフィギュアの羽生結弦さん、俳優の山崎賢人さん、土屋太鳳さん、吉沢亮さんも同学年なんですよ。

ナオト ゴールデンエイジだねえ。

RIKU すごい人がそろっている世代に生まれてしまいました(笑)。

ナオト いやいや、何言ってるの。ここにもスターがいるじゃない。

RIKU ありがとうございます(笑)。ネスさん以外にLDHのアーティストとは親交はほぼないですか?

ナオト そうだね……あ、GENERATIONSの(数原)龍友は、昔たまたまLAのタワレコで会って、それからフェスとかで一緒になると話すかな。タワレコで初めて会ったときは15分くらいそのまま立ち話をして。GENERATIONSも気付いたらもうドームクラスのライブをするくらい大きくなったよね。片寄(涼太)くんとは、ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」でご一緒させてもらったことがある。

RIKU なるほど。じゃあ対談は僕が初めてですね? ぜひ仲よくしてください。

ナオト それはもう! これを機に仲よくなりましょう!

ナオトを音楽人生に導いた言葉

RIKU ナオトさんは世界中を旅するような探究心にあふれた人だと思うんですが、どんな幼少期を過ごしてきましたか?

ナオト 幼少期? 野猿だよ。野猿!

和気あいあいと話すRIKUさんとナオト・インティライミさん。

和気あいあいと話すRIKUさんとナオト・インティライミさん。

RIKU 野猿……ですか?

ナオト 完全に野猿だったの。木登りしてカブトムシやクワガタ、トカゲなんかを捕まえて戦わせたり、ザリガニを釣ったり……。泥まみれ汗まみれになってずっと遊んでたね。木の上に秘密基地を作ってたら、3メートルぐらいの高さから落っこちて4時間くらい気を失ってたこともある。

RIKU リアルターザンですね(笑)。

ナオト そうそう。リアルターザン。ずっと森の中とか探検してたし。

RIKU 怖いとか、そういう感情はなかったんですか?

ナオト まったくなかったね。とにかく冒険が好きだったんだよね。映画も「グーニーズ」や「スタンド・バイ・ミー」みたいな子供たちが冒険する作品が大好き。今でも冒険が好きだからそういう映画を子供の目線で楽しんじゃうんだよね。あとは3つ上の兄貴に連れられて近くの公園で近所の子供たちと集まってサッカーや野球、ケイドロ、鬼ごっこなんかをよくしてた。直接家に行ってピンポンを押して人を集めて(笑)。RIKUはどんな子供だったの?

RIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)

RIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)

RIKU 僕はサッカー一筋の少年時代を過ごしていました。

ナオト どこ出身なの?

RIKU 埼玉です。僕自身は全然うまくなかったんですけど、一応三菱養和でやってました。

ナオト 名門だ!

RIKU そうなんです。絶対プロになるぞと思って続けていたんですけど、高校2年生になるタイミングで辞めて。今でもサッカーは大好きなので、いつかサッカーボール1個持ってスペインやブラジルに行きたいんです。街中でボールパスを出したらメイクフレンズできるって言うじゃないですか。

ナオト うんうん。そうだね。

RIKU 「旅歌ダイアリー」(ナオトの世界一周の旅を追ったドキュメンタリー映画)を観させていただいたんですけど、ナオトさんも旅先でサッカーボール1つで現地の人と仲よくなっていましたよね。いつか僕もああやって、言葉が通じなくてもボール1つで仲よくなるという経験をしてみたいです。今、少年時代のナオトさんのお話を聞いて、そのときの心を忘れずにアーティストとして活動しているんだなと思いました。

ナオト そうだね。ちなみにRIKUは子供の頃どんな性格だった? 僕はでしゃばりでガキ大将みたいな感じだったんだけど。

RIKU 今もそのまま変わらないんですけど、負けん気が強かったですね。なんかこう勝つまでやらないと気が済まなくて、なんでも父に勝負を挑んでいました。

ナオト ふーん、なるほどね。音楽に目覚めたのは?

RIKU 親が音楽好きで、家の中で宇多田ヒカルやマイケル・ジャクソンとかがよく流れていたんです。それで気付いたときには言葉の意味もわからず歌詞カードを見て歌っていたんですよ。でもそれはただ楽しいからやってただけで、子供の頃は本当にサッカー一筋でした。ナオトさんはいつ頃から音楽が好きになったんですか?

ナオト 幼稚園に通っていた頃からめちゃくちゃ歌が好きだったね。もう常に歌ってて、ずっと声が枯れてた。小1ぐらいまではずっと声が枯れてたと思う。

RIKU ははは(笑)。

ナオト 歌だけじゃなくてずっとしゃべってたからかもしれないけど、俺の中では歌ってた説が濃厚(笑)。好きだったジャンルはもうJ-POPね。超Jポッパーだった。我々の世代は光GENJIやSMAPから始まって、サザンオールスターズ、B’z、Mr.Children、CHAGE and ASKA……J-POPを何にしろ聴き漁ってたね。

RIKU 僕も親の影響でサザンとミスチルをよく聴いていました。人生で初めて行ったライブはサザンの味の素スタジアム公演で、僕の中でのロックはサザンなんです。サザンの曲ってコテコテのポップスもあれば、ヒップホップっぽいサウンドをちょっと取り入れてるような曲もあったり、当時何気なく聴いていた曲を聴き返すといろんな方向にアンテナを張って作られた曲だったんだと発見があるんですよね。

ナオト うんうん。

RIKU 体を動かすことと音楽が大好きなナオトさんが音楽を仕事にしようと思った出来事ってありますか?

ナオト・インティライミ

ナオト・インティライミ

ナオト 中2でギターを持って曲を作り始めたのよ。好きな曲をギターで弾きたいなと思って始めたの。でもギターを持ったらもうカバーするよりもオリジナルソングを歌うほうが楽しくて、そこからはもうオリジナル街道まっしぐら。でも柏レイソルのジュニアユースにいたからワールドカップの夢もあきらめてなくて、高校の3年間も選手権を目指してがんばってたの。高1の春に担任と二者面談があって「ナオト、お前は将来何になりたいんや?」って聞かれて、「僕ずっとサッカー選手になるのが夢だったんですけど、今は音楽もすごく楽しくて、音楽でメシ食っていきたい気持ちが大きくなったんです。でも音楽でメシ食っていきたい人は何万といるし、どうやったら歌手になれるのかもわからないし、やっぱり難しいですよね?」って弱気に言ったわけよ。そのとき初めて音楽を仕事にしたいって口にしたんだよね。そしたらその先生が……あ、ここから名言来るからね? RIKU、いい?

RIKU はい!

ナオト どんなに高く見えてる壁でも、目の前に行ってみたら自動ドアかもしれないやんけ……しれないやんけ……やんけ……。

RIKU セルフエコーありがとうございます(笑)。

ナオト その言葉が刺さりすぎて、俺の中で何かがボーンと鳴ったわけ。そうか、自分が高さを決めつけてるだけで実際目の前に行ってみたら意外とすんなり行けちゃうのかもって。「もちろん自動ドアなわけはないんだけど、自分で勝手に無理だって決めつけないで、可能性を信じろ」って言われて、その場で音楽の道を志そうと決めたよね。先生の言葉はライフチェンジングフレーズだったなあ。

次のページ
RIKUは“エグいザイル”?

関連記事

THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの音楽ナタリー編集部が作成・配信しています。 THE RAMPAGE from EXILE TRIBE / ナオト・インティライミ の最新情報はリンク先をご覧ください。

音楽ナタリーでは国内アーティストを中心とした最新音楽ニュースを毎日配信!メジャーからインディーズまでリリース情報、ライブレポート、番組情報、コラムなど幅広い情報をお届けします。