上原ひろみ

上原ひろみ

ウエハラヒロミ

テラーク・ユニバーサル

1979年生まれ、静岡出身のピアニスト。6歳よりピアノを始め、国内外のチャリティコンサートなどに多数出演。1999年にアメリカ・ボストンのバークリー音楽院に入学する。在学中にジャズの名門テラーク・レーベルと契約し、2003年にアルバム「Another Mind」で世界デビュー。2008年にチック・コリアとのアルバム「Duet」を発表した。2009年9月には自身初となるピアノソロアルバム「Place To Be」をリリース。2011年にスタンリー・クラークのアルバム「THE STANLEY CLARKE BAND FEAT. HIROMI」で第53回グラミー賞「Best Contemporary Jazz Album」を受賞した。2016年4月に上原ひろみザ・トリオ・プロジェクト feat. アンソニー・ジャクソン&サイモン・フィリップスとして4枚目のアルバム「SPARK」をリリースし、アメリカのビルボード・ジャズ総合チャートで1位を獲得した。2017年9月にハープ奏者エドマール・カスタネーダとのアルバム「ライブ・イン・モントリオール」をリリース。また同年、日本人アーティストでは唯一となるニューヨーク・ブルーノートでの13年連続公演を成功させた。2019年9月に約10年ぶりとなるソロピアノアルバム「Spectrum」をリリース。2020年からはコロナ禍の影響で苦境に立たされるライブ業界救済のためブルーノート東京にてシリーズ企画「SAVE LIVE MUSIC」を展開。同企画で初披露したプログラムの1つ、上原ひろみザ・ピアノ・クインテットとしてのアルバム「シルヴァー・ライニング・スイート」を2021年9月にリリースした。同年7月には東京2020オリンピックの開会式にて演奏を披露。