水の精ウンディーネの神話がモチーフ、ベルリン映画祭で2冠「水を抱く女」3月公開

67

クリスティアン・ペッツォルトが監督と脚本を担当した「Undine」が、「水を抱く女」の邦題で3月26日に公開される。

「水を抱く女」

「水を抱く女」

大きなサイズで見る

第70回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞(銀熊賞)と国際映画批評家連盟賞(FIPRESCI賞)に輝いた本作。「愛する男に裏切られたとき、その男を殺して水に戻る」という宿命を背負った美しき水の精、ウンディーネの神話がモチーフになっている。

主人公はドイツ・ベルリンの都市開発を研究する歴史家ウンディーネ。恋人のヨハネスが別の女性に心移りし悲嘆していたウンディーネの前に、ある日愛情深い潜水作業員のクリストフが現れる。激しく惹かれ合う2人だったが、彼女が必死に何かから逃れようとしているような違和感を抱くクリストフ。そしてウンディーネは自身の宿命に直面することになる。

「ある画家の数奇な運命」のパウラ・ベーアがウンディーネ、「希望の灯り」のフランツ・ロゴフスキがクリストフを演じた。マリアム・ザレーヤコブ・マッチェンツもキャストに名を連ねる。

「水を抱く女」は東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次ロードショー。

関連記事

クリスティアン・ペッツォルトのほかの記事

リンク

関連商品

(c) SCHRAMM FILM / LES FILMS DU LOSANGE / ZDF / ARTE / ARTE France Cinema 2020

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 水を抱く女 / クリスティアン・ペッツォルト / パウラ・ベーア / フランツ・ロゴフスキ / マリアム・ザレー / ヤコブ・マッチェンツ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。