水を抱く女

水を抱く女

ミズヲダクオンナ
UNDINE

2021年3月26日(金)公開 / 上映時間:90分 / 製作:2020年(独=仏) / 配給:彩プロ

(C)SCHRAMM FILM / LES FILMS DU LOSANGE / ZDF / ARTE / ARTE France Cinema 2020

解説 アンデルセン童話『人魚姫』などのモチーフとなった“水の精”の神話を、名匠クリスティアン・ペッツォルト監督が舞台を現代に置き換えて映画化。愛情深い男性と恋に落ちた女性が、自身に与えられたとある宿命に阻まれ葛藤していく様子を描く。主演は、本作でベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したパウラ・ベーア。共演にフランツ・ロゴフスキら。

ストーリー ベルリンの博物館でガイドを務める歴史家、ウンディーネ。恋人のヨハネスが別の女性に心変わりし、落ち込んでいた彼女の前に、潜水作業員のクリストフが現れる。愛情深いクリストフと愛を育んでいくウンディーネだったが、やがて己の宿命に向き合うこととなる。

情報提供:ぴあ

この映画の画像・動画(全19件)