東ベルリンから来た女

東ベルリンから来た女

ヒガシベルリンカラキタオンナ
BARBARA

2013年1月19日(土)公開 / 上映時間:105分 / 製作:2012年(独) / 配給:アルバトロス・フィルム

(C)SCHRAMM FILM / ZDF / ARTE 2012

解説 旧東ドイツを舞台に、ふたつに分かれたドイツの狭間で翻弄されながら、愛と自由を求めて奔走する女性の姿を描いた重厚な人間ドラマ。クリスティアン・ペッツォルト監督が苦しい環境の中で尊厳を保ちながら希望に向かって歩みを進める主人公のドラマを緊張感あふれる演出で描き、本年度のベルリン映画祭で監督賞にあたる銀熊賞を受賞した秀作だ。

ストーリー 1980年、東ドイツ。女医バルバラは西側への移住をはねつけられ、田舎町の病院に左遷される。秘密警察に監視され、猜疑心と戦いながら、西側で暮らす恋人と密かに逢瀬を重ねる。そんな中、彼女は同僚の医師アンドレに尊敬だけではない感情を抱き始め……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全8件)