映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

想田和弘の新作「精神0」5月公開&ベルリン映画祭へ、仲代達矢「最後は泣きました」

867

想田和弘の最新ドキュメンタリー「精神0」が、第70回ベルリン国際映画祭フォーラム部門へ正式招待決定。日本では5月上旬より東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

本作は、想田が2008年に発表した「精神」の主人公である精神科医・山本昌知を新たに追ったもの。82歳で引退を決意し、妻・芳子とその後の人生を歩み始めた山本の生活を映し出す。想田は「山本氏が、医師という地位や看板、役割や生きがいから離れ、一人の『人間』になったときに、どう生きていくのか。同じく仕事中毒の僕には、その点が興味津々だった」と語り、「この映画は、山本昌知個人というよりも、夫婦についての作品になっていった。その結果、本作は期せずして『純愛』についての映画になったのではないかと思っている」と本作を振り返った。

また俳優・仲代達矢は「愛おしく、やさしい気持ちになり、最後は泣きました。『精神』からだいぶ時が流れたことも思い知らされ、人間は年をとるもんだし、人間はやっぱり穏やかでいることが何よりだ、と」とコメント。なお本作は、2月に米ニューヨークで開催されるニューヨーク近代美術館(MoMA)Doc Fortnight2020にも正式招待されている。

仲代達矢 コメント

素晴らしいドキュメンタリーでした。
愛おしく、やさしい気持ちになり、最後は泣きました。
『精神』からだいぶ時が流れたことも思い知らされ、人間は年をとるもんだし、人間はやっぱり穏やかでいることが何よりだ、と。資本主義に埋もれた感性に、少しでもこの慈しみが沁みれば良いなあ。

映画ナタリーをフォロー