牡蠣工場

牡蠣工場

カキコウバ

2016年2月20日(土)公開 / 上映時間:145分 / 製作:2015年(日本=米) / 配給:東風

(C)Laboratory X, Inc.

解説 ロカルノ国際映画祭で“珠玉の智慧に満ちた映画”“目から鱗の現代日本の姿”と評されたドキュメンタリー。『選挙』等で知られるドキュメンタリーの異才、想田和弘が、瀬戸内にある牡蠣工場にカメラを向け、そこで働く人々の現実を描写。人手不足や中国人労働者採用の問題点等を通して、過疎化やグローバル化、労働、移民等の問題を浮き彫りに。

ストーリー 岡山県牛窓。震災で家業の牡蠣工場が打撃を受け、宮城からこの地に越してきた渡邊は、跡取りのいない牡蠣工場を継ぐ。働き手は不足しており、近隣の工場と同じように中国人労働者を採用することに。しかし、言葉の壁や生活習慣の違いがそこに立ちはだかり……

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:想田和弘

牡蠣工場の画像