映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

のん、新バージョンでは大人なすずに?「この世界の片隅に」終戦日舞台挨拶

786

左からのん、片渕須直。

左からのん、片渕須直。

この世界の片隅に」の舞台挨拶が本日8月15日に東京・テアトル新宿にて行われ、監督の片渕須直、主演を務めたのんが登壇した。

2016年11月12日に公開された本作は、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞をはじめ、国内外あわせて約70の賞を獲得し、今日までの642日のうち1日も途絶えることなく劇場で上映されている。拍手に迎えられて登場した片渕は「一番最初に舞台挨拶をした場所に、また同じコンビで立てることがありがたい。たくさんの方々に応援していただいていることを実感しています」と感謝。のんは「こんなに長く1つの作品と付き合うのは初めて。貴重な経験をさせていただいてます」と笑顔を見せた。

本日8月15日は終戦記念日。片渕は「映画を作っている途中で、いつ公開するんだという話になったとき、『8月の映画だよね』という意見をたくさんいただいたのですが『そうかな?』と思った。すずさんも8月だけではなく長い月日の中を生きていたので、そういうことをわかってもらうためにも冬に公開することになったんです」と明かす。そして「ご覧になる方が、ご自分の親戚がすずさんと同じ時代にどんなことをしていたのかなと想像したり、いろんな人たちの顔を思い出すような映画になっていたらありがたいです」と思いを吐露した。

続いて、「この世界の片隅に」と同じく監督・片渕、主演・のんというタッグで制作され、12月に公開される「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の話に。こうの史代による原作から複数のエピソードが追加される同作について、片渕は「お嫁に行ってから知り合った人やその前から知っていた人たちがどんなふうに変わっていったかを、すずさんは目の当たりにしている。それを語ることによってすずさんの変化を描いていきたいと思っています」と語る。一方、のんは「期間が空いていたので不安だったんですが、監督とスタジオに入って何回か録っていくうちに手応えを感じました」と述懐。さらに、片渕が「できあがった部分を聞いてくださったこうの史代先生が、『今までにない大人の声のすずさんですね』って言ってくださいました」と話すと、のんは驚いた表情を見せ「そう言っていただけるとうれしいですね。褒め言葉ですよね!?」と笑い、会場を和ませた。

最後にのんは「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」を「またたくさんの方に観ていただけるチャンスだなと思っております。お楽しみに」とアピール。片渕は「公開初日よりフォトセッションタイムが長くて驚いた(笑)。すずさんは物語の中で生きているので、まだまだ上映も続けていきたいなと思います」「すずさんの周りの山々や街、飛んでくる飛行機などの音は、映画館で一番再現できると思うので、ぜひ映画館で味わってもらいたいです」とメッセージを伝え、鳴り止まない拍手の中、イベントは終了した。

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」は、12月から東京・テアトル新宿、ユーロスペースほか全国で公開。

(c)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

映画ナタリーをフォロー