映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「この世界の片隅に」長尺版の封切りは12月20日、片渕須直が冬公開の理由語る

1211

片渕須直

片渕須直

この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の公開日が12月20日に決定。監督の片渕須直とプロデューサーの真木太郎が、本日3月29日に東京・テアトル新宿で行われた公開日発表イベントで明らかにした。

当初2018年12月の公開をアナウンスしていたが、制作に時間を要することがわかり封切りの延期を発表していた本作。「この世界の片隅に」に約30分間の新規映像を加えたバージョンとなり、新たに「昭和20年の春」の物語が紡がれる。引き続き片渕が監督を務め、のんが主人公・すずの声を担当した。

片渕はまず、公開延期の理由を「がんばればなんとかなるという意気込みがあった。でも物理的な問題で本当に間に合わなくなってしまった。全然(制作が)進まないという状況だった」と説明。2015年から絶え間なく映画作りを続けていることに触れ、「すごく少数精鋭でやっているもんですから、そこまで加速がきかない。ずっと長く、ネチネチ作り続ける日々でして。そうすることできちんとしたものをお届けできるのでは、とも考えています」と語った。

続いて新規カットで構成された新特報をお披露目する形で、公開日を2019年12月20日と発表する。もともとの公開予定であった2018年12月の段階でも20日前後を想定しており、片渕は「丸1年延びてしまった。すぐにでも観られると思った皆さんには申し訳ない」と恐縮した様子。そして「このあたりがこの映画には一番ふさわしいと意見が一致しました」と公開を12月に定めた理由を、「この世界の片隅に」の冒頭の描写に言及しながら説明する。

幼少期のすずが兄の代理で海苔を届ける冒頭では、「(昭和)8年12月」とテロップで示されるが、設定上は「8年12月22日」となっているという。片渕は「クリスマスの準備をしている街から始まります。第2次世界大戦を描いた作品は、どうしても8月のものと言われがちです。でも、むしろそうではない、8月のものではないと考えてこの映画を推し進めていきました。戦争、それ以前の歴史は、ずっと続いている毎日、と捉えてもらいたかった」と明かす。

さらに「正直言うと8月は無理です」と笑いを誘い、夏休みのある8月に公開するメリットも考えたと話す。「おじいさん、おばあさんとお孫さんが一緒に観てもらえる。それぞれのご家庭で『あの頃はこうだった』と話が広がるのではという期待もあった」と述べつつ、「夏休みと同じように、世代を超えて話題が広がるのは、年末からお正月にかけての時期なのでは思って、冬に公開を定めました」と付け加えた。

イベントでは、「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」応援チームの参加者を募集することも明かされた。もともとクラウドファンディングで資金を募り制作された「この世界の片隅に」。エンドクレジットには、参加者2000人以上の名前が掲載されたことも話題になった。片渕は「クラウドファンディングが終わってからも、たくさんの方々がこの映画を応援してくださった。『もし知っていたらエンドクレジットに名前を載せたかった』という声も多くいただいた」とコメント。

そこで今回はクラウドファンディングではなく、エンドクレジットに名前を掲載できる応援チームのプロジェクトが生まれたという。参加者には、それぞれの応援チームの名刺と宣伝用のチラシカードが配布され、映画を応援することができる仕組みになっている。名刺の制作費、発送費などがあるため、応援チームは有料会員制で、募集は5月下旬に開始予定だ。そのほかの詳細は映画の公式サイトで確認を。最後に片渕は公開に向けて「12月のクリスマスの時期には、すずさんが装いを変えて皆さんの前に帰ってくる。それまでどうかよろしくお願いいたします」と呼びかけ、イベントの幕を引いた。

「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」は東京・テアトル新宿、ユーロスペースほか全国ロードショー。本日イベントで上映された特報の第2弾はYouTubeにて公開中だ。コトリンゴによる楽曲も聴くことができる。

(c)2018こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

映画ナタリーをフォロー