映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

片渕須直ら「この世界の片隅に」スタッフ集結のWebアニメ公開、テーマはお好み焼き

865

「わたしの名はオオタフクコ~小さな幸せを、地球の幸せに。~」その1

「わたしの名はオオタフクコ~小さな幸せを、地球の幸せに。~」その1

片渕須直が監督と脚本を手がけたWebアニメーション「わたしの名はオオタフクコ~小さな幸せを、地球の幸せに。~」がYouTubeにて公開された。

これは、オタフクソースのプロモーションの一環で、同社の新スローガン「小さな幸せを、地球の幸せに。」をテーマにしたもの。製作には「この世界の片隅に」のスタッフ・キャストが集結。同作でヒロインの義姉・径子を演じた尾身美詞が主人公・オオタフクコに声を当て、コトリンゴが音楽、MAPPAが制作を担当した。キャラクターは同作の原作者・こうの史代が連載している1コママンガ「百一 hyakuichi」の登場人物をモチーフにしている。

映像には、1028年の歳月を生きるオオタフクコが「なかなか大変だった」と語る戦争の時代で、おなかを空かせた子供たちとお好み焼きの原型・一銭洋食を楽しむさまが収められた。調理シーンを研究するため、広島の店を2日間で6軒巡り、自宅でも実際に調理したという片渕。本作の見どころとして「お好み焼きが好きで、行く先々で焼いていたら、いつの間にか立派なことをやっていて、世界中のいろんな人の役に立っていたという、オオタフクコさんの人間像、生き方をぜひ見ていただきたいですね」と語る。コトリンゴ、尾身のコメントは以下に掲載した。

「わたしの名はオオタフクコ~小さな幸せを、地球の幸せに。~」は全3話で構成され、第2弾は11月上旬、第3弾は12月上旬に公開される。

片渕須直 コメント

本作のストーリーや世界観が生まれた経緯

オタフクソースさんから最初に今回のテーマを伺った時、「時の流れ」のようなものを描くことになるのかなと思い、広島出身のこうの史代さんに相談したところ、彼女が連載する作品の主人公がたまたま「おたふく」をモチーフにしていて。しかも年齢が1028歳で、まさに時の流れをそのまま象徴している。そこで時の流れを生きている主人公が、ある日お好み焼きと出会い、自分や周りの人たちを幸せにしていくみたいなことを描いたら面白いかなと。また、「この世界の片隅に」が戦前から終戦直後を描いた物語なので、その辺りの時代から始まって、現代につながるような話になると、より興味深い作品になるんじゃないかと思いました。

本作の見どころ

ただ、お好み焼きが好きで、行く先々で焼いていたら、いつの間にか立派なことをやっていて、世界中のいろんな人の役に立っていたという、オオタフクコさんの人間像、生き方をぜひ見ていただきたいですね。

コトリンゴ コメント

主人公は永遠の1028歳、ということでしたので、お好み焼きの妖精なのかな?というお話を監督からお聞きしたので、なんとなく浮世離れしたような、どことなく雅な感じが出ると良いなと考えました。出だしは、その浮世離れした感じを出すために、少しシャリンシャリンとした音を入れてみたりしています。
お好み焼きが大好きで、我が家にもオタフクソースは常備しています。この作品をご覧になったら、お好み焼きがとっても食べたくなるかもしれません。サイトに詳しい作り方も載っているので、アニメと合わせてぜひ楽しんでご覧くださいね。

尾身美詞 コメント

5月に広島へ舞台挨拶に伺った際、片渕監督とチームの皆さまに、老舗のお好み焼き屋に連れて行っていただきました。それがまさか! このように繋がるとは!! 沢山のご縁に感謝です! 1028歳のフクコは、様々な世界を生きているという設定で、いつの時代でもお好み焼きは愛されてきたんだな~としみじみしました。可愛く明るいフクコを想像して収録に挑んだのですが、監督からの最初のオーダーは「イジイジした後ろ向きなキャラクターで!」という、意外すぎるお言葉! 長い長い時間を生きてきたフクコが、お好み焼きに出会って幸せを感じ、笑顔になっていく……という物語に胸がキュンとなり、ダメなところもチャーミング!と感じていただけるようなキャラクターになるといいな、と演じさせていただきました。長い長い年月、ずっと愛されているオタフクソースの魅力が、フクコを通して描き出されています。イジイジした愛すべきキャラクターのフクコと一緒に、お好み焼きを通して笑顔になっていただければ嬉しいです。アニメを見た後、きっとお好み焼きが食べたくなることでしょう!

映画ナタリーをフォロー