映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「孤狼の血」広島レッドカーペットに役所広司や松坂桃李が登場、観客7000人熱狂

476

左から白石和彌、さいねい龍二、音尾琢真、松坂桃李、役所広司、江口洋介、阿部純子、沖原一生。

左から白石和彌、さいねい龍二、音尾琢真、松坂桃李、役所広司、江口洋介、阿部純子、沖原一生。

孤狼の血」の公開記念広島凱旋レッドカーペットが、5月12日に広島・広島市中区えびす通り商店街にて開催され、キャスト・監督ら8名が参加した。

呉を中心に広島県内でオールロケが敢行された「孤狼の血」は、暴力団対策法が成立する以前の広島を舞台に、組織間の激しい抗争を描く作品。暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾を役所広司、その部下である日岡秀一を松坂桃李が演じた。

同イベントの優先観覧エリアには“コロウ”にちなみ地元の人々560名のみを招待。しかしそれ以外の一般客が約2時間前から商店街に集まり始め、最終的にオーディエンスの数は約7000人に達した。キャストの役所、松坂、江口洋介音尾琢真阿部純子、そして監督の白石和彌は、東京・丸の内TOEIにて初日舞台挨拶を行った後に広島入り。現地で出演者のさいねい龍二沖原一生と合流し、レッドカーペットに登場した。

登場とともにその歓声を聞いた阿部は「広島カープが優勝したときと同じくらいの歓声の大きさだったと聞き、感激しました!」とコメント。役所は「今フランスではカンヌ国際映画祭が行われていますが、カンヌのレッドカーペットも、今日のレッドカーペットには敵わないんじゃないでしょうか」と話して会場をさらに沸かせた。

約70mのレッドカーペットを歩き、役所は「この映画は広島の皆様のご協力があって完成しました。撮影のときは大変お世話になりました。どうかこの『孤狼の血』を応援してください」と地元の人々へ感謝を述べる。松坂は「撮影中も広島の皆さんの愛を感じていましたが、本日のレッドカーペットでも改めてその愛を感じました。やっとこの映画を皆様に届けることができてとてもうれしいです。まさに“広島じゃけえ、何をしてもええんじゃ”というほどの熱量を感じました」と劇中の大上のセリフを用いて挨拶。そして江口は「撮影中に呉の街に繰り出すと、どれだけ広島の方々にこういった“極道の映画”が根付いているかを実感できました。この土地でなければこの映画はできなかったと思いますし、この映画をやっと広島に持って来られたことをうれしく思います」と語った。

最後に役所が「ぶち面白い映画じゃけえ、みんなたくさん宣伝してくれりゃあええんじゃ!」と広島弁で観客に語りかけ、イベントは終了した。

(c)2018「孤狼の血」製作委員会

映画ナタリーをフォロー