映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「孤狼の血」松坂桃李、バディ演じた役所広司は「大きく、分厚く、遠い」

719

「孤狼の血」初日舞台挨拶の様子。

「孤狼の血」初日舞台挨拶の様子。

本日5月12日、「孤狼の血」の初日舞台挨拶が東京・丸の内TOEIで開催され、キャストの役所広司松坂桃李真木よう子中村倫也音尾琢真阿部純子ピエール瀧江口洋介、原作者の柚月裕子、監督の白石和彌が登壇した。

暴力団対策法が成立する以前の広島を舞台に、組織間の激しい抗争が描かれる本作。最初にマイクを握った役所は「ギリギリ体力が持ったかなという作品と、俳優人生40年目に出会えて幸せです。松坂くんも40周年のときは全裸で仕事してるんじゃないでしょうか?」と、松坂の主演作「娼年」を彷彿とさせるジョークを交えながら挨拶をする。その言葉に松坂は「今回はそういうシーンないですから!」とツッコミを入れつつ「30歳になる年に役所さんや白石さんとまたお仕事ができて、忘れられない特別な作品になりました」と目を輝かせ、オファーが来たときのことを「脚本を読んで『断る理由はないです、やりましょう』と言いました」と回想した。

江口は「バイオレンスな作品は日本ではなかなか描きにくい状況。この作品が突破口になって、またヒリヒリする芝居ができるようになるのでは」と今後の日本映画界に期待を寄せる。真木は「こういうシーンがあるから真木よう子を使ったんだなと思える場面もあります(笑)。ドキッとしてもらえるような、ちょっとした仕草をお勉強しました」と述べ、瀧は「エグいシーンでは監督が一番楽しそうにしているから、“鬼畜どんぐり”というあだ名を付けて。これがどんぐりの正体です!」と白石を指差しながら観客に呼びかけた。パンチパーマ姿で劇中に登場する音尾は「このドS鬼畜どんぐりさん(白石)から『音尾くん、パンチできる?』と言われて、私もドMなものですから受け入れました。パンチは痛い時間がおよそ2時間。それに耐え抜くことが極道への道なんじゃないかと思いました」と役作りの裏側を明かす。

暴力団・尾谷組の若き構成員を演じた中村は「緊張で8時間くらいしか眠れませんでした」と観客の笑いを誘ったあと、「先輩たちとは胸に宿る炎が違うのではと思い、世代を意識して演じました。白石さんは役者がうずくディレクションをする監督」と続ける。そして阿部が「オリジナルキャラクターなので、どう膨らませようかと考えるのが楽しくて。役所さんは、私の呉弁のセリフまで覚えてフォローしてくださいました」とコメントすると、役所は「やるでしょ?」と満面の笑みを浮かべた。白石は本作に懸けた思いを「皆さんには鬼畜どんぐりとか言われてますが、いい映画を届けられるようにと身を削りました」と話す。そんな白石に柚月は「自分が小説で描きたかった熱さを、監督が見事に表現してくださいました」と賛辞を送った。

2015年公開作「日本のいちばん長い日」以来の共演となった役所と松坂。役所が「松坂くんは繊細に役を積み重ねていく素晴らしい俳優さん。まっすぐな目の力を頼もしく感じます」と絶賛すると、松坂は恐縮しながら「バディという関係性もあってか、役所さんには勝手ながら親や師匠のような思いがあって。大きく、分厚く、そして遠いなと感じました」と胸中を語った。

最後に『孤狼の血、全国制覇じゃ!』という掛け声に合わせて、全員がステージ上からバズーカを撃ち、本作の封切りを祝う。そして役所が「生き生きとした映画になっています。女性の皆さんは、男たちに『映画館へ行って牙を磨いてこい』とぜひ伝えてください。原作小説も素晴らしいです。映画では白石監督がちょっとゲスな味付けをしていますが(笑)」と観客に語りかけ、イベントを締めくくった。

(c)2018「孤狼の血」製作委員会

映画ナタリーをフォロー