映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

岡田将生が役作りの努力語る「きれいに生きてきたので」、「家族のはなし」上映会

320

第10回沖縄国際映画祭「島ぜんぶでおーきな祭」での「家族のはなし」舞台挨拶の様子。左から鉄拳、時任三郎、成海璃子、岡田将生、山本剛義。

第10回沖縄国際映画祭「島ぜんぶでおーきな祭」での「家族のはなし」舞台挨拶の様子。左から鉄拳、時任三郎、成海璃子、岡田将生、山本剛義。

第10回沖縄国際映画祭「島ぜんぶでおーきな祭」にて、最終日となる本日4月22日に「家族のはなし」の上映会が沖縄・テンブスホールで行われ、キャストの岡田将生成海璃子時任三郎、監督の山本剛義、原作者の鉄拳が登壇した。

鉄拳のパラパラマンガをもとにした本作は、リンゴ農園を営む両親とその息子を通して、家族の温かさを再発見していく物語。東京でミュージシャンを目指す息子・小林拓也に扮した岡田は「親に素直になれない気持ちは僕自身もあったことなので、共感しながら演じました」と打ち明ける。しかし金髪で口調の荒い拓也との共通点はあまりなかったようで、「僕はきれいに生きてきた人間なので(笑)。ちょっとだけがんばりました」とはにかんだ。

拓也の地元の同級生・明日香を演じた成海は、自身との共通点は男らしいところだと述べ、「軽トラが似合っていたんじゃないかなって自分では思ってます」と胸を張る。また、撮影現場は和気あいあいとした雰囲気だったと振り返った岡田は「一緒にフィギュアスケートとかをテレビで観ました」と明かし、拓也の父・小林徹役の時任は「ボリューム小さくするっていう意識なかったよね(笑)」と続けた。

仲の良さを見せるキャストたちに鉄拳は「僕が皆を和ませようと現場に行ったら、もうすごく和んでて。うらやましかったです」と回想。それを受けて岡田は「でも、素顔で来られたので本当にびっくりして『えっ!?』って。それだけで和みました」とフォローした。最後に山本は「岡田くんとも話してたんですが、観終わったあとに親に電話しようかな、話してみようかなって思っていただければ大成功です」と思いを語り、イベントを締めくくった。

「家族のはなし」は2018年度に公開予定。

(c)「家族のはなし」製作委員会

映画ナタリーをフォロー