映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

岡田将生が成海璃子との共演に「楽しかった!」、鉄拳は「映画化が最高の親孝行」

612

左から成海璃子、岡田将生、時任三郎。

左から成海璃子、岡田将生、時任三郎。

家族のはなし」の初日舞台挨拶が本日11月23日に東京・イオンシネマ板橋で行われ、キャストの岡田将生成海璃子金子大地財前直見時任三郎、監督を務めた山本剛義、原作者の鉄拳が登壇した。

鉄拳のパラパラマンガを実写化した本作は、リンゴ農園を営む両親とその息子を通して、家族の温かさを描くヒューマンドラマ。岡田が東京でミュージシャンを目指していたものの、夢破れて帰郷する拓也を演じたほか、拓也の地元の同級生・明日香に成海、拓也が東京で結成したバンドのメンバーである柴田に金子、拓也の両親に財前と時任が扮している。

岡田は「観終わったときに家族に電話したくなる、そんな映画です。僕もクランクアップのときに家族に会いたいと思った。観てくださる方にも伝わるとうれしい」と晴れやかな表情を見せる。成海は、拓也のキャラクターについて「駄目な奴だなって思ってましたけど(笑)。幼なじみだから、そう思いつつ放っておけない関係でした」とコメント。彼女とこれまでに多くの作品で共演してきた岡田も「楽しかったよね!」と満面の笑みを見せた。金子が「岡田さんが本当に優しくて……。バンドメンバーがお芝居しやすい環境を作ってくれました」としみじみと撮影を振り返ると、岡田は「普段、歳下の方と共演する機会が少ないので、僕も癒やされて……。ライブシーンも100%で表現をしてくれてもう好きになりました」と言葉を返した。

この映画の直前に別作品でも夫婦役を演じていた時任と財前。時任は「もう夫婦役は時任財前コンビに任せろ!という思いでした」と息の合った芝居に自信満々の様子。財前も「私も母になりましたので『おいしいもの食べてる?』『元気にしてる?』という気持ちをそのままセリフに込めました」と役作りを語る。2人との共演について、岡田は「優しく包み込んで、迎え入れてくれる。反抗しなきゃいけないんですが、その優しさに負けそうになる瞬間もありました」と述懐した。

「映画化が最高の親孝行だった」と話す鉄拳は 「映画ができたときに親父にポスターを渡したんです。そしたらすごく喜んでくれて、ポスターを近所の皆さんに配っていた。映画のスタッフ・キャストの皆さんには感謝の気持ちでいっぱい」とコメント。映画については「パラパラマンガより全然面白い。キャストもカッコよくて、美しい人ばかり。サイドストーリーも豊富」と太鼓判を押す。山本曰く、撮影に参加したスタッフ・キャスト全員分の似顔絵を、鉄拳がプレゼントしたそうで、金子は「部屋に飾ってます!」、成海も「本当にうれしかった」と感謝の気持ちを口にした。

「家族のはなし」は、全国のイオンシネマにてロードショー。

(c)「家族のはなし」製作委員会

映画ナタリーをフォロー