映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

岡田麿里が初監督作「さよ朝」やアニメの共同作業語る「描いてみたいと思わせる脚本」

312

岡田麿里

岡田麿里

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018でニューウェーブアワードを獲得した岡田麿里が、3月15日に行われた授賞式のあと合同取材に応えた。

輝かしい活躍を見せる俳優やクリエイターに「新しい波を起こしてほしい」という気持ちを込めて贈られる同賞。岡田は「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」などのアニメ作品や実写映画「暗黒女子」「先生! 、、、好きになってもいいですか?」を手がけたことで知られる脚本家だ。まず初参加となった同映画祭について、「地元の方が黄色いハンカチを振ってくださって。アットホームとは聞いていたのですが、皆さんで作る映画祭ということに感動しました」と笑みを浮かべる。

話は岡田が初監督を務めた劇場アニメ「さよならの朝に約束の花をかざろう」へ。アニメ制作の魅力を「共同作業」と語る岡田は、「どのセクションがどういった仕事をしているのかは、知識でしかわかっていなかったんだなって。監督として接すると、みんな自分の領分を少し広げることでいい作品が生まれると気付いたんです。思い入れが強くなると、境界が混ざり合っていくんですよ。誰かの熱意が全体の熱を上げたり、なぜか凪いでしまう時期があったり。最初から最後まで作品に付き合えて、ずっとこの作品を知っている。『さよ朝』はとても大切な作品になりましたね」と明かした。

続いて「現場では日々、脚本はここまでしかできない、脚本はここまでできると気付かされました」と監督経験が脚本執筆に与えた影響を語っていく。「監督として映画を作ることを知り合いに話したら、『(これからの脚本の)よさがなくならないようにしてね』と。作画ひとつにしても成立させるのがすごく難しい画がある。現場のことを知ってしまうとその負荷を考えて、脚本の段階からセーブするようになってしまうんじゃないかと言われたんです」と一抹の不安があったことを述懐。しかし、だからこそ岡田は脚本でスタッフの気持ちを動かすことに重点を置き、「少しでもスタッフの皆さんにこの表情、このシーンを描いてみたいと思ってもらえるような脚本を書いていこうと。もちろん前から思っていたことではあるんですが(笑)。1つの表情を描くのに苦しんでいるスタッフを目の当たりにして、実感の度合いがこれほど違うんだと思いました」と決意を述べた。

最新作となるテレビアニメ「ひそねとまそたん」について語る場面も。岡田がシリーズ構成、原作に名を連ね、樋口真嗣が総監督を務める本作は、航空自衛隊で働く少女たちが現代に生きるドラゴンを世話する姿を描いた作品。企画のスタートは、樋口の「面白いものを作りたい」という前のめりな姿勢に岡田が刺激を受けたことだったという。「私が脚本を担当した『花咲くいろは』の自衛隊ものをやりたいと言われて。今では、ちょっと違う話になってしまいましたが(笑)。スピリットは残っていると思います」と製作の一端を垣間見せた。

「さよならの朝に約束の花をかざろう」は現在、全国で公開中。「ひそねとまそたん」は4月12日よりTOKYO MX、BSフジほかで放送開始となる。

映画ナタリーをフォロー