映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

葉山奨之と川栄李奈が初受賞に感慨、岡田麿里「作品は人との出会いで生まれる」

111

左から葉山奨之、川栄李奈、岡田麿里。

左から葉山奨之、川栄李奈、岡田麿里。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018が本日3月15日に開幕。葉山奨之川栄李奈岡田麿里らが出席するオープニングセレモニーが北海道・合宿の宿ひまわりで開催された。

セレモニーでは今年で5回目となるニューウェーブアワードの授賞式を実施。輝かしい活躍を見せる俳優やクリエイターに「新しい波を起こしてほしい」という気持ちを込めて表彰する同賞では、男優部門に葉山、女優部門に川栄、クリエイター部門に岡田が選出された。

緊張した面持ちの葉山は、「歴史あるこの映画祭で賞をいただきすごく光栄です。賞が決まったと聞いたときドッキリかと思いました(笑)。素直に信じられなかったです」と述懐。また「デビューして7年経ちましたが初めて賞をもらいました。これを1つの節目として日本映画界に必要とされる俳優になっていきたいと思います」と決意を述べた。

川栄は「本格的に女優業を始めてから賞をいただくのは初めてで、本当にうれしく思います」と笑顔を見せ、「映画とお芝居が大好きなので、こうしてこの世界に迎え入れてもらえたことが本当にありがたいです」と続ける。さらに「スクリーンの中で役を生きられるのは監督をはじめとしたスタッフや共演するキャストの方々のおかげと思っています。日々感謝を忘れずに今後もがんばっていきたいです」と語った。

初監督作「さよならの朝に約束の花をかざろう」が公開中の岡田は、「昨年で脚本家デビューをして20年が経ちまして、“ニュー”という感じでもないんですが(笑)」とおどけてみせる。そして「映像作品は人との出会いで生まれるもの。新しい人と出会ったり、少しでも座組が変わったりするとまた新しい作品が生まれてきます。これからも楽しんで作品を生み出せるようにがんばっていきます」と口にした。

セレモニーでは2月21日に急死した俳優の大杉漣に、会場に集まった約570人が黙祷を捧げる場面も。1999年に同映画祭で審査員を務めた経験もある大杉が、喧嘩寸前まで白熱していた議論を仲裁したというエピソードも語られた。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018は、合同の宿ひまわりほかで3月19日まで開催。なお川栄の出演作「プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~」は、現在全国で公開中だ。葉山がキャストに名を連ねた「恋は雨上がりのように」は5月25日より全国でロードショー。

今週の動画PR

  • 「映画プリキュアミラクルユニバース」
    「プリキュア」シリーズの映画最新作では、劇場版の応援アイテム “ミラクルライト”の秘密が明らかに!? そんなライトを使った楽しみ方をご紹介。

映画ナタリーをフォロー