映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

岡田麿里の初監督アニメ「さよ朝」初日、石見舞菜香が入野自由ら先輩声優に感謝

282

「さよならの朝に約束の花をかざろう」初日舞台挨拶の様子。

「さよならの朝に約束の花をかざろう」初日舞台挨拶の様子。

劇場アニメ「さよならの朝に約束の花をかざろう」の初日舞台挨拶が、本日2月24日に東京・新宿バルト9で行われ、キャストの石見舞菜香入野自由梶裕貴、主題歌を歌うrionos、監督と脚本を担当した岡田麿里、プロデューサーの堀川憲司が登壇した。

本作は10代半ばで外見の成長が止まり、その後数百年生き続ける、通称“別れの一族”と呼ばれるイオルフ族の少女マキアと、幼くして両親を亡くした人間の少年エリアルの絆を描く物語。初日を迎えた岡田は「企画スタートから5年、制作を始めて3年。皆さんに観ていただくこの日のためにがんばってきたので、今はうれしい気持ちと緊張でいっぱい」と感慨深げに挨拶する。マキアに声を当てた石見も、緊張した面持ちで「初めての劇場作品への出演で不安もあったが、台本をいただいたときから、早く全国の方に観てもらいたいと思っていたので初日を迎えられてうれしい」と語った。

本作では事前に読み合わせが行われたうえでアフレコに臨むというアニメ作品では珍しい手法が取られた。「そのおかげでいいものができた」と語るエリアル役の入野は「今後、特に映画作品では続けてほしい。本読みをする作品が増えてほしい」と希望を明かし、クリム役の梶も「本読みで役作りを再構築してアフレコに臨めた。すごくいい時間だった」と同意。声優陣の熱演は制作陣にも影響があったようで、岡田は「クリムはセリフだけだと病んでいる印象が強くなる。でも梶さんの人柄のおかげで、病んでいても優しさがあって……」と語り始める。梶から「岡田さんには僕がそう見えているんですか?」とツッコまれるも、岡田は苦笑いを浮かべながらキャストたちを称賛した。

石見も2016年に行われた読み合わせを述懐。「入野さんをはじめ先輩たちに支えられながらマキアと向き合っていけた」と感謝を述べ、物語に触れながら「母になった経験がないので想像の部分が大きかったけど、根本的な性格は近いところがあったので、素直に演じられました」と笑顔を見せる。主題歌「ウィアートル」を歌うrionosは、本作を「人生には一度しか咲かない花のような瞬間が確かにある、と強く思った」「別れは誰もが経験するつらいもの。でも自分がお婆ちゃんくらいになったときに『悲しかった別れも含めて、全部いいことだったんだ』と思えるまで生きたい。そんなふうに思わせてくれる、生きる希望を与えてくれる作品だった」と評した。

「さよならの朝に約束の花をかざろう」は全国でロードショー。

映画ナタリーをフォロー