映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

是枝裕和の監督作7本がBD化、「幻の光」「誰も知らない」「花よりもなほ」など

543

是枝裕和の初期監督作品7タイトルがBlu-ray化決定。5月25日に同時リリースされる。

去る3月2日に行われた第41回日本アカデミー賞授賞式では監督作「三度目の殺人」が最多6冠に輝き、自身も最優秀監督賞を受賞した是枝。6月には最新作「万引き家族」の公開も控える。

Blu-ray化される作品には、ヴェネツィア国際映画祭で金オゼッラ賞を受賞した長編監督第1作「幻の光」、天国の入り口にやって来た22人の死者たちと彼らから思い出を聞き出す職員の1週間を描いた「ワンダフルライフ」、殺人事件を起こしたカルト教団を題材とした「ディスタンス」、柳楽優弥が日本人初、史上最年少でカンヌ国際映画祭男優賞に輝いた「誰も知らない」などがラインナップされた。さらに岡田准一宮沢りえが出演した時代劇「花よりもなほ」、阿部寛夏川結衣YOU樹木希林ら演じる不器用な家族を描いた「歩いても 歩いても」、ペ・ドゥナ主演の「空気人形」が選ばれている。

「幻の光」「ワンダフルライフ」「誰も知らない」の3作品は、今回新たにフィルムスキャンが行われ、高クオリティの画質に。また一部作品には新録インタビューが収録されるほか、7本すべて購入した人には7タイトルコンプリート収納BOXが先着でプレゼントされる。

映画ナタリーをフォロー