映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

日本アカデミー賞「三度目の殺人」が最優秀作品賞、是枝裕和「もう一歩先に」と誓う

468

「三度目の殺人」のスタッフ、キャスト。

「三度目の殺人」のスタッフ、キャスト。

第41回日本アカデミー賞にて、是枝裕和の監督作「三度目の殺人」が最優秀作品賞に輝いた。

キャストやスタッフは互いをたたえ合いながらステージに登壇。自身も同作で最優秀助演女優賞を獲得した広瀬すずは「お腹が痛いです(笑)。監督には素敵な景色を見させていただきました。ありがとうございます」と感謝を口にする。同作と「関ヶ原」で優秀助演男優賞を受賞し、さらに両作とも優秀作品賞に選ばれていた役所広司は「原田(眞人)組と是枝組の間に挟まって複雑な気持ちでしたが(笑)、ありがとうございます」と笑顔。

是枝は「チャレンジだった映像が、こういう形で評価していただけてうれしく思います」と述べる。そして「『まだまだ映画よくわかんないな』っていうのが撮り終わったときの正直な気持ち。この受賞を糧に、もう一歩先に進みたいと思います」とさらなる飛躍を誓った。

※日本アカデミー賞関連記事はこちらから

優秀作品賞

※★印が最優秀作品賞
「君の膵臓をたべたい」
★「三度目の殺人
関ヶ原
「ナミヤ雑貨店の奇蹟」
花戦さ

映画ナタリーをフォロー