映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「曇天に笑う」祭り開催、福士蒼汰と中山優馬が「ヒロインは優馬」「そうよ」

3145

「曇天に笑う」“曇天祭り”プレミアイベントの様子。

「曇天に笑う」“曇天祭り”プレミアイベントの様子。

曇天に笑う」の“曇天祭り”プレミアイベントが、本日1月29日に東京・浄土宗 大本山 増上寺にて開催され、福士蒼汰中山優馬古川雄輝桐山漣大東駿介小関裕太市川知宏加治将樹若山耀人、監督の本広克行が参加した。

唐々煙のマンガを実写化した本作は、300年に一度よみがえる大蛇(オロチ)の力を巡る壮絶な戦いを描く時代劇。約900人のファンが駆け付けたこのイベントでは、山車に乗ったキャストたちが、おひねりの飴を配りながら登場した。

曇天火役の福士は、鉄扇を使ったアクションについて「リーチが短くて、戦うのが難しかったです。僕はカリという武術をやっていたので、その技術を応用しました」と撮影を振り返る。「僕的に、大きいけがはなかったんですが……」と言うも、本広から「(骨に)ヒビ入ってなかったっけ!?」と暴露されると「ちょっとご迷惑をおかけしたんですが、動き的には問題なくできました」と説明した。

曇三兄弟の次男・空丸役の中山は、長男役の福士に関して「身長も高いしイケメンやし、最初に会ったときから兄貴として受け入れられました。弟(若山)も人懐っこいし、兄弟がいたらこんな感じかな」と笑顔で語る。本作のキャストはほぼ男性であることから、福士に「今作のヒロインは優馬だと思っているので!」と肩を叩かれた中山は、「そうよ」と女口調でうなずき笑いを起こした。

曇三兄弟の三男・宙太郎役である最年少の若山へは、「一番優しかったのは誰?」という質問が。共演者たちからプレッシャーをかけられながらも「一番は、本広お兄さんです(笑)」と答えた若山は、「大人な発言するなよ!」と一斉にツッコミを受ける。金城白子役の桐山は撮影期間中、若山に頼まれ一緒に風呂へ入ったそうで「背中を流し合って、兄弟の契りを交わしたと思ったんですけど、一番に選ばれなくて残念ですね」と肩を落とす。それを受け若山が「テレビでお化けの番組を観てしまって……不安になって『よかったら大浴場行きませんか?』って言いました」と返すと、客席から「かわいい!」と歓声が起こった。

洞窟での撮影が多かった本作。携帯の電波も届かない環境のため、空き時間にはUNOが流行したという。鷹峯誠一郎役の大東が「耀人くんはUNOをやったことがなかったので、教えてあげたんです。そうしたら撮影後の打ち上げで『地元のUNOの大会で優勝しました!』って言ってきて、感動してハグしました」と回想すると、若山は慌てて「そんなに大きい大会じゃない!」と付け加える。その後もキャストらがあまりにUNOトークで盛り上がっていたことから、本広は「お前ら、UNOじゃなくて映画の宣伝をさ……」と呆れて笑っていた。

ここで映画のタイトルにちなみ、キャストたちへ「これがあれば笑顔になれる、というものは?」というお題が出される。福士は先日母親の誕生日をサプライズで祝ったそうで「母親の喜んでいる顔を見ると自分も喜べる。その瞬間、全員が幸せだなと思った」と満面の笑みで語る。犬を飼っている中山は「ワンちゃんですね。一緒に寝ているんです。最近、朝は布団から出てきてくれないんですが、『もう仕事行くからね!』ってキレ気味で言うとひょこって出てきてくれるんです」と溺愛ぶりを明かす。そして安倍蒼世役の古川は、「僕は猫なんです。飼っていないんですが、こういう(寺)ところに来ると猫ちゃんに遭遇するかもしれないじゃないですか。ご縁があったら拾いますね」と熱心な猫好きをアピール。また永山蓮役の小関は「食パンですね。中学生のときに食パンに目覚めました。差し入れや、友達からのプレゼントで食パンをもらうと笑顔になります」とマイペースに答えた。

最後に福士がファンに向けて「この映画は、誇れるエンタテインメントになっていると思います。明るく元気な作品なので、たくさんの人に観ていただきたいです」と訴えかけ、イベントは終了した。

「曇天に笑う」は3月21日より全国ロードショー。

※桐山漣の漣はさんずいに連が正式表記

(c)映画「曇天に笑う」製作委員会 (c)唐々煙/マッグガーデン

映画ナタリーをフォロー