映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「曇天に笑う」福士蒼汰と桐山漣が“カップル成立?”古川雄輝は「天火の笑顔が素敵」

3530

左から古川雄輝、福士蒼汰。

左から古川雄輝、福士蒼汰。

本日1月29日、「曇天に笑う」の完成披露舞台挨拶が東京・丸の内ピカデリーにて開催され、キャストの福士蒼汰中山優馬古川雄輝桐山漣大東駿介小関裕太市川知宏若山耀人、監督の本広克行が参加した。

福士は「自分が天火という大きい男を担えるかという不安はあった」と出演オファーを受けた当時を振り返り、天火との共通点については「実はあまりないんです。女性兄弟の中で育ってきたので弟がいることは考えられなかった」と明かす。そんな彼の弟役を務めた中山は「同い年なので最初はどうなるのかなと思ったけど、お兄ちゃんでした!」と、若山は「とにかくカッコいいお兄ちゃんが今でも大好きです」と劇中さながらに福士を慕っている様子だった。

福士らのやり取りを見た桐山は、「蒼汰は本当は末っ子なんだよね? 耀人が構ってほしがるのを相手してたんですけど、(福士は)途中で飽きちゃって(笑)」と話して会場の笑いを誘う。同日に行われたプレミアイベントに続き、若山が登壇者たちの中から一番好きな人物を選ぶことになると、若山は熟考の末に「福士さんで!」と声を上げ、福士を大喜びさせた。また、本広から「撮影中にいつも立ち位置を探していた」と暴露された市川は「コアな方はそこに注目して。基本はほかのキャラクターを見てください」とはにかみながらアピールする。

イベント中盤には、MCから登壇者たちへ「自分が女性だったらどのキャラクターに惚れますか?」と質問が。福士は、桐山扮する白子を選び「優しい人が好きなんです。白子の支えてくれる感じは素敵」と理由を述べる。中山は「鷹峯。明らかに強いやんこの人!というところに惚れます」と答えて大東を「そうなんですよ!」と笑顔にさせ、古川は「僕は天火。笑顔が素敵」と回答した。桐山は「僕も天火です。両思いかも。カップル成立? ポジティブなことを言ってくれる人に引き寄せられる」と答えて観客を沸かせ、小関は「僕は空丸。ハングリー精神が好き」とコメントする。

最後に福士は「全身全霊で、命がけで作った作品です。カッコいい男たちがたくさん出ている胸熱な映画だと僕は思っています」とファンに語りかけ、イベントを締めた。

唐々煙のマンガを実写化した「曇天に笑う」は、300年に一度よみがえる大蛇(オロチ)の力を巡る壮絶な戦いを描く時代劇。3月21日より全国ロードショー。

※桐山漣の漣はさんずいに連が正式表記

(c)映画「曇天に笑う」製作委員会 (c)唐々煙/マッグガーデン

映画ナタリーをフォロー